スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」東急電鉄の乗務員業務用端末向けにチャージスポットを採用

株式会社INFORICH(インフォリッチ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣)は、東急電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊 功)の乗務員向けにスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の法人様向けモデルを採用いただいたことをお知らせします。

■背景
東急電鉄は以前からI T化を進めており、乗務中にも業務用端末を活用することで、更なる安全性の向上に努めておりましたが、業務用端末の活用機会が拡大することで、勤務中のバッテリー切れが問題となっておりました。そこで、持ち運びが可能なチャージスポットを業務用に採用していただく運びとなりました。

■概要
運行中に使用する業務用タブレットを、持ち運び可能なチャージスポットで充電をしていただく事で、バッテリー切れの問題を解消していただきました。

※実際に使用している様子

■法人様向けモデルとは
これまではコンシューマー向けに展開していたチャージスポットを、業務用途でご利用いただけるよう法人様向けモデルを展開する運びとなりました。

■各企業からのコメント
・東急電鉄株式会社 運輸部 運転課
業務用端末のバッテリー切れに対しては、乗務員全員にモバイルバッテリーを貸与するしかないと考えていましたが、コストの問題や充電スペースの問題を解決できずにおりました。また職場内で共有ものを設置する案もございましたが、管理台帳等で現場の負担が増えてしまうため、検討に時間を要しておりました。
そんな時、チャージスポットに法人モデルがあることを知り、担当者から詳細をご紹介いただきました。この仕組みであれば少ない台数を効率よく活用でき、かつログで管理もされているため、管理台帳等を作成する手間も省けることがわかりました。現場のメンバーも「この仕組みであれば是非ほしい!」との反応だったため、導入することと致しました。バッテリー問題が解消されたことにより、業務用端末の活用の範囲をさらに拡大させていきたいと考えております。

・株式会社I N F O R I C H 代表取締役会長 秋山
チャージスポットが日本でスタートをしました2018年初頭より、東急電鉄様にはいち早くサポートを頂いて参りました。現在、東急電鉄様が抱えていたバッテリーの課題を、チャージスポットをご活用頂くことで解消できている事に、大変嬉しく感じております。乗務員様の業務効率化の一助になれるように、引き続き充電という角度だけではなく、多方面において弊社でできますことに尽力して参ります。貴社と共に渋谷の街から世界を創っていく想いで弊社も全力で前進して参ります。

■ ChargeSPOTのサービスについて
スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」。レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作。2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時はチャージスポット。アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能になり、事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになりました。

■ バッテリーの仕様
容量:   5,000mAh
対応規格: iOS、マイクロ USB、USB タイプ C

■ 会社概要
本社  : 〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-31-15 A-6A
代表者 : 会長 秋山 広宣(陳 日華)
設立  : 2015年9月
電話番号: 03-4500-9210
URL  : http://www.chargespot.jp
事業内容: ChargeSPOT モバイルバッテリーシェアリングサービス/
デジタルサイネージ/ 国内・海外でのコンサルティングとマーケティング
サービス/ ハードウェア、ソフトウェア開発/広告/データ関連

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH
ChargeSPOT 広報部
PR担当 木村
Tel:        03-4500-9210
Mail:      press@inforichjapan.com

◼︎ ChargeSPOTの導入を検討されている方はこちら
http://www.chargespot.jp/business.php
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」東急電鉄の乗務員業務用端末向けにチャージスポットを採用