ビットキーのhomehub、スマートロックのワンタイムパスコード発行機能を提供開始 不動産業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」ともAPI連携開始

〜スマホアプリ不要で仲介会社や清掃業者のカギ解錠が可能に〜

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 祐樹・福澤 匡規・寳槻 昌則、以下、ビットキー)は、提供する暮らしのコネクトプラットフォーム「homehub」の法人向け管理システムにおいて、スマートロックのワンタイムパスコード(TOTP)発行機能*(以下、本機能)の提供を開始します。あわせて、株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表:岩名泰介、以下いえらぶGROUP)が提供する、不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」および業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」と本機能がAPI連携したこともお知らせいたします。これにより、不動産仲介会社(以下、仲介会社)・不動産管理会社(以下、管理会社)の内見業務の効率化を促進いたします。
※対象製品は、テンキー操作可能なビットキーのスマートロックシリーズbitreader+、edロックPLUS Bitkey Edition(2022年6月時点) 特許第6713612号、特許第6721932号他、特許出願中


■ ワンタイムパスコード(TOTP)発行機能について
本機能は、スマートロックの解錠に使えるワンタイムパスコード(TOTP※)を、不動産管理会社向け物件管理システム「homehub」上の1操作で発行・表示できる機能です。画面上に表示されたTOTPを仲介会社に伝えることにより、管理会社は鍵の受け渡し業務の時間が削減され、さらなる業務効率化が可能となります。
「homehub」上に表示される番号は、デジタルキーの有効時間によって2種類あり、管理会社の担当者が番号を共有する際に選択できます。長時間有効な番号は、原状回復工事など一定時間を要する作業などにご利用いただけます。
※TOTP(Time-based One-time Password)とは、一定時間を経過すると自動で変化するパスコードのこと。セキュリティ強化を目的として二要素認証に使われることも多い。

■ 提供開始の背景
管理会社では、仲介会社による内見や、入居者退去後の原状回復工事・清掃などのたびに、対面での鍵の受け渡し業務が発生します。スマートロックを活用した場合、一時的に利用できるデジタルキーを発行することは可能でしたが、管理会社には発行の手間が掛かるほか、物件に入室する方は専用のスマホアプリのDLやアカウントの設定が必要となっていました。ビットキーは、国内累計販売台数No.1のスマートロックbitlockシリーズを提供し、これまで大手不動産デベロッパーや管理会社様に活用いただくことで、鍵の受け渡し業務の効率化や入居者満足度の向上を進めてまいりました。この度、さらなる利便性向上のために本機能を開発し、下記の体験を提供いたします。

管理会社
・「homehub」上での簡単な操作によりパスコードを発行
・鍵を渡す対象にパスコードを知らせるだけで、一時的な入室を可能に
仲介会社、清掃業者など
・アプリのダウンロードやアカウント作成不要で、スマートロックが設置された物件への入室が可能
・内見や作業の開始前後に管理会社に立ち寄らずに済み、業務効率化

写真右▶
複数箇所のカギを連続して解錠する場合、専用スマホアプリ上で、解錠可能なカギを一覧表示させることも可能。原状回復業者などの利用を想定。


<運用方法の比較>

  管理会社の対応 仲介会社・清掃業者等の対応
物理鍵運用の場合 ・物理鍵の準備
・鍵貸し出し表の記入
・受け渡し時の対応者確保
・訪問日時の申請
・管理会社へ鍵の受け渡しのために訪問
スマートロック運用の場合 ・homehub上で日時や回数を指定し、デジタルキーを発行 ・鍵解錠のためにアプリのDLとアカウントを作成
今回提供開始するワンタイムパスコード運用の場合 ・homehub上の1操作で解錠用のパスコードを発行
・電話やメール等で番号を伝える
・スマートフォンの保持やアプリのダウンロード不要

 

 ■ homehubといえらぶBBの連携機能について

 

仲介会社がいえらぶBBに入力した情報をもとに、homehubで予約時間に使えるワンタイムパスコードを発行。そのパスコードをいえらぶBBの画面上に表示する機能です。仲介会社はこれまで通り、いえらぶBBから内見予約をするだけで、内見時、物件入室のために必要なパスコードを確認できます。今回の連携により、人の手を介することなく、内見に必要なカギの発行・通知が可能になりました。

■ homehubとは
人それぞれ快適な暮らしを送るために、暮らしとサービス/モノの間に存在する「分断」をなくし、新しいライフスタイルを実現させるためのコネクトプラットフォームです。ビットキーが提供するサービスやモノに限らず、他社の提供するサービスやモノとも連携が可能です。また、IoT家電や、置き配・家事代行サービスなど自宅で利用するサービスだけでなく、地域の共有施設や街においても、モノやサービスを連携させることで、暮らしにおいて一貫した体験を得ることができます。

 

■ いえらぶBBとは
いえらぶBBは管理会社と仲介会社をつなぐ、業者間流通プラットフォームです。管理会社も仲介会社も無料(一部オプション機能あり)で利用でき、物件流通から内見予約・申込み、保証審査や契約までを一気通貫でサポートします。
公式サイト https://bb.ielove.jp/

「株式会社いえらぶGROUP」について
いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。いえらぶGROUPは、今後も不動産業界のDXを促進し、よりよい“住”環境の実現を目指します。

【会社概要】
社名  :株式会社いえらぶGROUP
所在地 :東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者 :岩名 泰介
設立  :2008年1月
資本金 :3825万円
コーポレートサイト:https://www.ielove-group.jp/
不動産事業者向けサービス紹介サイト:https://ielove-cloud.jp/

社名  :株式会社ビットキー
所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン9F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹
     代表取締役COO 福澤匡規
     代表取締役CCO 寳槻昌則
創業  :2018年8月1日
資本金 :12,036,920,300円(2021年9月30日現在 資本準備金を含む)
事業概要:デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発
Home/Workspace/Experience領域のコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
上記プラットフォームと連携するプロダクトおよび、サービスの開発・販売・運用
※「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. ビットキーのhomehub、スマートロックのワンタイムパスコード発行機能を提供開始 不動産業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」ともAPI連携開始