産業用レーザーシステム市場「予測期間中に7.26%のCAGRを登録すると予想」ー成長、傾向、および予測2020ー2025年

SDKI Inc.は、2020―2025年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的とした産業用レーザーシステム市場の調査レポートを2021年03月04日で発刊しました。
レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-90642

産業用レーザーシステム市場は、2020ー2025年までの予測期間中に7.26%のCAGRを登録すると予想されます。

インダストリー4.0とインダストリアルIoTの出現による、産業環境におけるさまざまな技術的進歩(産業オートメーション、産業用ロボット、3D印刷など)により、産業におけるレーザーシステムの採用が促進されると期待されています。企業は、既存の製造プロセスをレーザーおよびレーザーシステム全体のいくつかの技術的進歩と統合して、生産性を高め、競合他社に先んじています。2019年11月、EOSはポリマーを処理するための新しいFine Detail Resolution(FDR)技術システムを開発しました。これにより、同社は粉末ベースの産業用3D印刷用のCOレーザーソリューションの開発において主導的な地位を維持するのに役立ちました。

市場セグメント
産業用レーザーシステム市場は、レーザー種類別(ファイバー、ソリッドステート、CO2)、アプリケーション別(切断、溶接、マーキング、穴あけ)、エンドユーザー産業別(半導体および電子機器、自動車、航空宇宙および防衛、医療)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

エンドユーザー産業に基づいて、自動車は重要なシェアを保持すると予想されます。

エンドユーザー産業に基づいて、市場は、半導体および電子機器、自動車、航空宇宙および防衛および医療に分割されます。革新的なレーザーアプリケーションは、長年中に自動車業界で重要な役割を果たしてきました。自動車産業のレーザーシステムには、スパークプラグやバッテリーの溶接から、バックライトレーザーマーキング技術を含む多くの自動車部品の切断やラベル付けまで、さまざまな用途があります。レーザーシステムは、サイクルタイムを大幅に短縮し、精密部品を製造し、生産性を向上させると同時に、ユニット当たりのコストを削減することができます。

地域概要

北米地域は、製造、航空宇宙および防衛、自動車などのさまざまな業界にわたる技術の進歩により、市場を支配すると予想されます。さらに、複数の発売は、地域のエンドユーザー全体でレーザーシステムの高い需要を示しています。

さらに、これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

産業用レーザーシステム市場の主要なキープレーヤーには、JENOPTIK AG、Newport Corporation、TRUMPF GmbH + Co KG、Coherent, Inc.、IPG Photonics Corporation、ACSYS Lasertechnik US Inc.、nLIGHT, Inc.、Han's Laser Technology Co., Ltd.、II-VI Incorporatedなどがあります。この調査には、産業用レーザーシステム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/industrial-laser-system-market/90642

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 産業用レーザーシステム市場「予測期間中に7.26%のCAGRを登録すると予想」ー成長、傾向、および予測2020ー2025年