2015年 年末・年始の人気旅行先を発表 年末年始の人気ランキング 1位台北 2位バンコク 3位オアフ

今年は「ディープなアジア」 ヤンゴン(ミャンマー)の人気が急上昇

 世界最大の総合オンライン旅行会社エクスペディア(http://www.expedia.co.jp)は、年末・年始の大型連休の予約状況に基づき、今年人気の旅行先ランキング、人気が急上昇している旅行先ランキングを発表します。人気が高い国・都市でも、少し工夫をするだけで、賢く、お得に旅ができる裏技も一緒に紹介します。
【年末・年始 人気旅行先ランキング】 10カ国中、半数以上の6カ国がアジア

 

 アジアの国が半数以上を占め、アジアが安定した人気を誇る結果となりました。特に今年は、定番のタイ・バンコクの他に、タイで二番目に人気の観光地であるプーケットがランクインしています。タイは低価格で旅行できることから、一度バンコクに行ったことがある人が、次のタイでの旅行先としてプーケットを選ぶ傾向があるようです。新しいホテルができたり、更にリゾート化が進んでいることから、今後も日本人旅行客の人気が高まっていくでしょう。

 一方、アジア以外の国でも、オアフ島、グアム、ロサンゼルスと、比較的日本から距離の近く、気温が暖かい都市に人気が集中しています。5位のラスベガスはエクスペディアのAIR+割を使ったお得なプランが人気で、ただいま人気が上昇しています。

 

【年末・年始 人気急上昇旅行先ランキング】 「ディープなアジア」の人気が急上昇!
 今年人気が急上昇している旅行先を見てみると、こちらも上位3カ国をアジアが独占。なかで

も、少し「ディープ」な場所の人気が急上昇しているようです。


 特にミャンマーのヤンゴンは、昨年までランキング外でしたが、今年は伸び率で1位を獲得。2012年に欧米諸国の経済制裁が解除されたことをきっかけに、ミャンマーに注目する企業が増え、投資が盛んに行われるようになりました。視察に出向くビジネスマンが急上昇しビジネス需要が高まったことで、現地の情報が増え、今年になり個人旅行でも興味を持つ人が増えたことが理由としてあげられるのではないでしょうか。

 また、アジア以外で大きな伸びを見せているのが、ベルギーのブリュッセル。今年10月25日にANAが成田からブリュッセル行きの直行便が毎日運航することを発表し、これまでなかなか手の届かなかった都市が身近になり、人気を博していると言えます。

 エクスぺディアでは、毎シーズンお得な旅行方法を紹介しております。年末は、企業によって最終出勤日が異なる傾向にあるため、どのような工夫を加えれば、お得に旅行することができるのかを検証しました。

【エクスペディアがお得に海外旅行できる方法を紹介!】今年は有休を後につけるとお得!
航空券+ホテルの最低価格(4泊5日/2名宿泊時の1名料金)

定番旅行先 台北、バンコクは年末でも5万円以下!

人気急上昇の国 ダナンは最大9万円お得!!

 今年は、どの国においても、後ろに有休をつける方がお得という事がわかります。特に前半は企業によっても最終出勤日が変わる為、このような結果になっているのかもしれません。


【予算別プラン紹介】アジアなら年末年始でも、4万円台から高級ホテル宿泊の旅行が可能!
<ダナン>

アンサナ ランコー ★★★★★
合計:¥48,731~ (航空券+ホテル価格)
http://bit.ly/1lj7z3D

<台北>

シャングリ・ラ ファー イースタン プラザ ホテル 台北 ★★★★★
合計:¥92,396~ (航空券+ホテル価格)
http://bit.ly/1PQ1uZv
 

<プーケット>

センタラ グランド ウエスト サンズ リゾート & ヴィラ ★★★★★
合計:¥69,893~(航空券+ホテル価格)
http://bit.ly/1MSSoVR
 

<ヤンゴン>

ホテル グランド ユナイテッド ★★★★
合計:¥69,893~ (航空券+ホテル価格)
http://bit.ly/1NuPsVa
 

※​1/1~1/5 4泊5日 航空券+ホテル 1名分料金 ※11/25現在

エクスペディア概要
 世界 31カ国で展開する世界最大の総合旅行サイト Expedia の日本語サイト、エクスペディア・ジャパン
http://www.expedia.co.jp)は、日本語による 詳細な紹介文や施設の動画などを参考に比較検討し、リアルタイムに日本円で予約・決済することが可能な旅行予約サイトです。 エクスペディア・ジャパンでは、単なるコンテンツの日本語化にとどまらず、日本人向けの独自のインターフェースデザインの採用や、JCB・Visa・Master・AMEX などの主要なクレジットカードによる決済、日本語による電話サポート(24 時間年中無休)など、日本の旅行者の皆様が安心して使える環境も整備しています。

Twitterアカウントとフェイスブックページでお得なホテルやツアー情報をタイムリーに発信しております。
■Twitter: http://twitter.com/Expedia_Japan
■Facebook: http://www.facebook.com/ExpediaJapan
※Expedia およびエクスペディアのロゴは、米国 Expedia, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商品名、製品名、会社名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

【さらにお得な特典も!】業界初!世界のホテルによるVIP待遇プログラム「Expedia+」

エクスペディア独自のメンバープログラムで、「ポイントプログラム」と「ステータスプログラム」の2つの側面から「値段+αの付加価値」を提供します。

■ポイントプログラム:ポイントに応じて予約時に使用できるクーポン等を発行します。
■ステータスプログラム:ブルー、シルバー、ゴールドのランクに応じて様々なサービスが受けられます。
(例)+VIP Access 提携ホテル特典、会員限定のお得なプロモーション、予約でボーナスポイントを獲得 (+ゴールド は 30%、+シルバー は 10%)、優先カスタマーサービス、Expedia Local Expertコンシェルジュ限定の特典
+VIP Access 提携ホテル

Expedia+ 会員に厳選した特典を提供するホテルです。ポイント面でのメリットだけではなく、朝食、ワインやスパが無料になったり、客室がアップグレードされたりと、VIP待遇を受けられます。

+VIP Access 提携ホテルのサービス例

【参考】業界初!世界のホテルによる+VIPサービス

エクスぺディアを含む日本の大手旅行代理店の殆どがポイントサービスを提供しています。その中で、ステータスプログラムとして、ステータスごとにポイント還元率やポイントでの自社負担の優遇が分かれているのは3社。さらに深堀りし、自社負担のポイントサービスだけでなく、世界中のホテルと共同でVIPサービスを提供しているのは、エクスぺディアのみという事がわかります。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エクスペディア・ジャパン >
  3. 2015年 年末・年始の人気旅行先を発表 年末年始の人気ランキング 1位台北 2位バンコク 3位オアフ