2020年3月より『特濃ミルク8.2』の主力3品を紙を使用したパッケージに全量切り替え

UHA味覚糖株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:山田泰正)は、環境問題への取り組みとして、主力商品である「特濃ミルク8.2」「特濃ミルク8.2 塩ミルク」「特濃ミルク8.2 抹茶」の3品の外装をプラスチックから紙を使用したパッケージに変更し、2020年3月中旬より出荷します。

 


■開発経緯
おかげさまで、2019年9月で「特濃ミルク8.2」は発売30周年を迎えました。「これからもお客様に愛され続ける商品をお届けしたい」という思いはもちろん、「これからは、地球から    も愛される商品をお届けしたい」という思いで商品を全量切り替えする運びとなりました。

■紙を使用したパッケージへ変更
外装の構成材質に紙を50%以上使用しております。パッケージを変更すると特濃ミルク3品で年間約14トンのプラスチック削減(※1)につながります。プラスチック製造・焼却時に排出される温室効果ガスの削減、プラスチックゴミによる海洋汚染の削減に貢献します。  ※1:UHA味覚糖昨年度出荷実績より

■バイオマスインキを使用
印刷のインキに植物由来原料を使用したバイオマスインキを採用しました。バイオマスとは「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」で、再生可能な資源として注目されています。バイオマス材料の中でも、植物由来の材料は、特にCO2排出量の削減に効果があるとされています。パッケージにこれら植物由来のインキを使用することにより、CO2排出量削減に貢献します。

■今後の取り組み
まずは「特濃ミルク8.2」の主力3品を変更し、今後も主力ブランドを中心に紙を使用したパッケージに変更する予定です。世界が様々な社会課題に直面する今、UHA味覚糖は持続可能な世界を実現するため、これからも環境にやさしい商品開発をしてまいります。

 ■商品情報

 

 


 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. UHA味覚糖株式会社 >
  3. 2020年3月より『特濃ミルク8.2』の主力3品を紙を使用したパッケージに全量切り替え