ボルテックスの社会貢献活動の一環として、多摩大学社会的投資研究所に出資『客員研究員として(社)100年企業戦略研究所 上席研究員 安田 憲治が参画』

~日本におけるソーシャル・ファイナンスの調査・研究の発展に尽力~

Press Release                                                                  
2022年7月1日
株式会社ボルテックス

「区分所有オフィス®」を主軸に資産形成コンサルティングを行う株式会社ボルテックス(東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO 宮沢 文彦、以下当社)は社会貢献活動の一環として、多摩大学社会的投資研究所(所在地:東京都港区 所長 徳岡 晃一郎)が取り組んでいる社会的価値実現のためのソーシャル・ファイナンスの領域の中で、主に社会的投資の調査・研究を支援するため、出資(100万円/年)することを決定しました。
また、当社の関連団体である一般社団法人100年企業戦略研究所(代表理事 堀内 勉)の上席研究員 安田 憲治が客員研究員として、ソーシャル・ファイナンスに関する世界各国の先進的な取り組みを体系的に調査・研究する活動に参画することになりました。今後、セミナー登壇や記事の寄稿など幅広く活動していく予定です。

一般社団法人100年企業戦略研究所
上席研究員 安田 憲治
◆プロフィール◆
一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。塩路悦朗ゼミで、経済成長に関する研究を行う。 大手総合アミューズメントメント企業で、統計学を活用した最適営業計画自動算出システムを開発し、業績に貢献。データサイエンスの経営戦略への反映や人材育成に取り組む。

 

現在、一般社団法人100年企業戦略研究所にて、マクロ経済などに関する執筆に携わる。多摩大学社会的投資研究所客員研究員、 麗澤大学都市不動産科学研究センター客員研究員。
 

上席研究員 安田憲治上席研究員 安田憲治

多摩大学社会的投資研究所 概要多摩大学社会的投資研究所 概要

 

一般社団法人100年企業戦略研究所 概要一般社団法人100年企業戦略研究所 概要

◆株式会社ボルテックスについて
1999年、宮沢 文彦(代表取締役社長 兼CEO)により企業財務の新しいソリューションを提供する会社として設立。
日本に「1社でも多くの100年企業を創出するために」を理念に掲げ、東京都心部を中心に大阪や福岡など日本経済を牽引する主要都市の商業地にある中規模ビルをフロアごとに分譲する「区分所有オフィス」を展開しております。この「区分所有オフィス」を活用し、顧客の問題解決として新たな不動産戦略を打ち立て、本業に連動しない収益と流動性の高い売却可能資産を確保し、企業価値・事業継続性の向上に貢献しております。従業員数513名(2022年3月31日時点)、東京本社、札幌、仙台、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島に支店を置く。2021年3月期、売上高332億48百万円、経常利益24億15百万円、保有物件(賃貸用不動産)金額578億53百万円。
・公式サイト:https://www.vortex-net.com/
・公式Facebook:https://www.facebook.com/VortexnetJP 
・Vortex YoutubeJPチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCQ9rAN6zHO69kqQTRioGF6A 
※「区分所有オフィス」は、株式会社ボルテックスの登録商標です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボルテックス >
  3. ボルテックスの社会貢献活動の一環として、多摩大学社会的投資研究所に出資『客員研究員として(社)100年企業戦略研究所 上席研究員 安田 憲治が参画』