アジア最大級のネイティブアドネットワーク「popIn Discovery Global」、中国大手EC総合情報プラットフォーム「什么值得买(Shenme zhide mai)」とパートナー提携

中国最大規模のショッピングイベント「独身の日(W11/ダブルイレブン、中国表記:双11)」をターゲットとし、9月末から広告配信開始

 popIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:程 涛、以下 popIn)が提供する「popIn Discovery Global」(広告配信管理画面の多言語対応や日本円決済などワンストップで日本、韓国、台湾、マレーシア、香港、タイ、シンガポール、中国、インドネシアへネイディブアドが配信可能)は、2019年7月15日に中国 深圳証券取引所へ上場を果たした中国EC総合情報サービスを提供する大手プラットフォーム「什么值得买(Shenme zhide mai、シェンマジーダマイ、以下SMZDM)」とメディアパートナー提携し、SMZDMの越境ECページを中心とし、広告配信を開始します。
 SMZDMは、家電業界の中国版“価格.com”、化粧品業界の中国版“@cosme”と言われており、ECで商品購入を検討するユーザーが口コミなどの情報を比較する中国最大規模のレビューサイトです。

中国最大規模ショッピングイベントである “独身の日”(11月11日、通称:ダブルイレブン)の2019年中国流通合計金額は24時間に4.16兆円(2,684億元)となり、2018年より26%増加、過去最高額を更新しました。今年は新型コロナウィルスの影響により、ECでの購入がさらに盛り上がることが予測され、越境ECで中国向けに商品を販売する日本企業様はイベント前の準備が売り上げの鍵となります。

popIn Discovery Global経由でSMZDMにて自然な形(ネイティブアド)で商品情報を露出することで、購入検討者の商品理解を深めると同時に購買機会を増やし、売り上げに繋げることが見込めます。

什么值得买 URL: https://www.smzdm.com/  配信対象面:越境EC ページ など

 

 

popIn は今後も、アジア最大マーケットの中国市場において、親会社である百度(Baidu.com)の A I・ビックデータなどコア技術を用いて、優良なメディアへの技術やマネタイズ手法を提供すると同時に、顧客満足の高いサービスや機能も提供してまいります。

<popIn株式会社 副社長 髙橋大介よりコメント>
11月11日のダブルイレブンを前に、中国最大のECレビューサイトの什么值得买(Shenme zhide mai)を日本の越境EC関連企業に提供できることを嬉しく思っております。

これまではECモール内の広告やソーシャルメディアを活用したインフルエンサー(KOL・KOC)による即売が主なプロモーション手法でしたが、この度の提携により、ユーザーが越境EC商品をレビューサイトでじっくり比較検討しているタイミングで商品をアプローチできるようになりました。これにより、ユーザーは商品をより理解し購入することが出来、良い商品であればリピート購入、良い口コミを投稿、友人へのレコメンドなども見込めます。日本の素晴らしい商品がより一層、中国で人気となるようお手伝いできればと思います。

※「popIn Discovery」とは、広告を「あなたにオススメの記事」としてレコメンドするネイティブアドネットワークです。記事の文脈にあわせたコンテンツ型の広告という特性から、企業・製品の認知、ブランディングから理解促進までを目的として活用いただけます。

<popIn Discovery Global (https://www.popin.cc/home/global.html)の特徴>
■アジア最大級のネイティブアドネットワーク
配信可能エリア:日本、韓国、台湾、マレーシア、香港、タイ、シンガポール、中国、インドネシア

■決済
日本、韓国、台湾、マレーシア、香港、タイ、シンガポール、中国、インドネシアへの広告配信に関してすべて日本円での決済が可能になります。
※為替レートから広告費を換算します。

■管理画面の多言語化対応
現時点で日本語、繁体字、簡体字、韓国語、英語、タイ語、インドネシア語に対応しています。

■分析指標
コンテンツ内容に関してユーザーの満足度を測るためには、記事の読了状況(熟読したのか、流し見したのか)を把握する必要があります。popInが提供する「READ (*)」は、記事コンテンツの本文領域がユーザーの可視領域に入っているかを判定し、その経過時間と情報量から正確な読了状況を測定することで、”本当に読まれているコンテンツを可視化”します。
*2015年8月 日本、韓国、台湾にて特許取得。特許番号 : 特許第5797871号

■そのほか
・popInは、日本、台湾、韓国、タイ、シンガポール、インドネシアにオフィスを構えおり、アジア全体のマーケットに合わせたクリエイティブや配信プランニングをサポートできます。
・オプションでクリエイティブの翻訳も可能です。

<popIn株式会社の会社概要>
本社所在地  東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー39階
代表者    代表取締役 程 涛
会社URL    http://www.popin.cc
事業内容     情報のインテリジェンス化をミッションに、ネイティブ広告に対応したコンテンツ発見プラットフォーム"popIn Discovery"、IoT事業として2017年より世界初のプロジェクター付きシーリングライト"popIn Aladdin"を開発・販売、EC事業者向けに画像認識AIサービス"popIn Action"を展開しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. popIn株式会社 >
  3. アジア最大級のネイティブアドネットワーク「popIn Discovery Global」、中国大手EC総合情報プラットフォーム「什么值得买(Shenme zhide mai)」とパートナー提携