月例新築マンション動向発表~HARUMI FLAGの分譲開始で首都圏の供給戸数が増加!(2019年08月度 分譲実績)|2019年11月号~

新築マンションのビッグデータを活用し、不動産情報プラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、Realnetニュース(https://news.real-net.jp/)にて独自調査による新築分譲マンションの最新動向を発表致しました。今月は、2019年8月度分譲実績データです。
月例新築マンション動向 2019年11月号を発表致しました。2019年8月度分譲実績データを前年同月と比較しています。
また、市区別供給の上位10地域や駅別供給上位10地域、エリア別供給の月次推移のほか、着工件数や竣工件数を首都圏と関西圏でまとめています。

首都圏(一都三県)は、供給戸数の前年同月比が東京23区以外では減少傾向にありますが、東京23区では28.9%増加となっており、初月申込率では東京23区は85%と前年同月比で8.4%増加しています。
これは中央区晴海で7月下旬から8月にかけて第1期分譲された晴海フラッグ(HARUMI FLAG)の影響で、供給戸数、初月申込率を牽引した形になりました。

関西圏では、奈良県で供給戸数が前年同月比で325.0%増加となっています。
これはプレサンスロジェ橿原神宮前とパークナードなら大森町の2物件供給によるものです。

【月例新築マンション動向11月号】
https://news.real-net.jp/pickup/107434
※閲覧にはRealnet会員登録(無料)が必要です。

Realnetニュースでは、業界の動向やトレンドを網羅し、マーキュリーが保有しているビッグデータを活用したレポートや、オリジナルの取材記事等も配信しております。月例マンション動向の過去発表内容も閲覧することができます。(※1)
(※1)ご覧頂くには、Realnet会員登録(無料)が必要です。

【Realnetとは】
不動産業界に最適な「情報インフラ」を構築したい―。
Realnetは不動産業界向けの会員制情報サービスとして、多くの情報を発信してまいりました。
Webサービスのみにとどまらず、約20年に渡り蓄積してきた約4万物件(住戸数約220万戸)の新築分譲マンションデータを活用し、新築マンションサーチ、中古マンションサーチ、中古マンションチェッカー等のスマートフォンアプリの提供もしております。総ダウンロード数は45,000ダウンロードを超えました。(2019年6月末時点)
情報提供以外にも、「社」から「者(個)」へというテーマのもと、不動産業に携わる方、一人一人にご利用頂けるような多角的なサービスの構築を目指し、そして、2020年度には会員数50,000人という目標に向けて邁進してまいります。

【サービスURL】
■Realnetニュース
https://news.real-net.jp/
■Realnet
https://real-net.jp/
■Realnet新築マンションサーチ(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/mansionsearch_1/
■Realnet中古マンションサーチ(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/chuko_1/
■Realnet中古マンションチェッカー(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/checker_1/

【マーキュリーとは】
“サマリネットシリーズ”を中心に、約20年にわたり不動産業界向け情報サービスを展開してきました。1995年以降に分譲された約4万物件(住戸数約220万戸)もの新築マンションデータを保有しております。これからも情報収集力と分析ノウハウを生かして、不動産に関わる多くの人の満足を創造して参ります。

【会社概要】
会社名:株式会社マーキュリー
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル43階(私書箱157号)
TEL:03-5339-0950(代表)
FAX:03-5339-0951(代表)
URL:https://mcury.jp/
代表取締役:陣 隆浩     
設立年月:1991年05月
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マーキュリー >
  3. 月例新築マンション動向発表~HARUMI FLAGの分譲開始で首都圏の供給戸数が増加!(2019年08月度 分譲実績)|2019年11月号~