電柱を活用した水害対策サービス実証試験の実施について(千葉県佐倉市)

 佐倉市は、東電タウンプランニング株式会社との「洪水・浸水対策支援サービスの実証試験に関する協定」に基づき、令和2年7月6日から実証試験を開始しました。
 昨年10月の大雨では、市内各所で洪水、浸水被害が発生し、道路網も寸断されたため、被害状況の把握が困難となったことから、冠水データの収集と、情報配信による防災対策の有効性を検証する実証試験を実施します。

 

実証概念図実証概念図

​ 佐倉市は、令和2年3月17日付けで、東電タウンプランニング株式会社と「洪水・浸水対策支援サービスの実証試験に関する協定」を締結し、本日(令和2年7月6日)より実証試験を開始しました。
 昨年10月25日の大雨では、市内各所で洪水、浸水被害が発生し、道路網も寸断されたため、被害状況の把握が困難な状況となりました。そこで、実証試験により、冠水データの収集と、それを基にした情報配信による防災対策の有効性を検証することとしたものです。
 本実証試験では、小型で軽量な浸水センサを観測面に設置し、電柱上に設置したRFルーターを介してクラウド上でセンサ情報を一元集約します。集約された浸水情報はリアルタイムで把握することができます。
 今後、浸水センサで感知した道路冠水を、自動的に現地のLED表示板で通行車両に注意喚起する実証試験も行う予定です。
 

設置場所設置場所


【実証試験の概要】
期間 2020年7月6日~2021年3月31日
設置場所および設置機器
①高崎川河川部(表町3-16-9地先)
河川堤防コンクリート壁面に複数センサ、電柱1本にRFルーター
②鏑木町地区(鏑木町2-9-16地先)
公園壁面に複数センサ、電柱1本にRFルーター
③大作地区(大作1-2地先)
道路縁石に複数センサ、電柱1本にRFルーター、歩道緑地帯にLED表示板2台
※LED表示板は8月頃設置予定
④中志津地区(中志津2-35地先)
道路縁石に複数センサ、電柱1本にRFルータ

 

 

センサ設置状況(左から河川部、公園壁面、道路縁石)センサ設置状況(左から河川部、公園壁面、道路縁石)

 

RFルーター設置状況RFルーター設置状況

【問い合わせ】
佐倉市役所 土木部 治水課
TEL 043-484-4261
http://www.city.sakura.lg.jp/0000027244.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐倉市 >
  3. 電柱を活用した水害対策サービス実証試験の実施について(千葉県佐倉市)