AI型教材「Qubena(キュビナ)」宮崎県都城市で正式採用 〜市内の全小中学校56校へ導入、約11,000人が利用〜

株式会社COMPASS(本社:東京都文京区、代表取締役:小川 正幹)は、提供するAI型教材「Qubena(キュビナ) 」が宮崎県都城市の全市立小中学校における指導の一環として正式採用され、2022年4月より利用が開始されましたことをご報告いたします。

 


今回Qubenaを採用いただいた都城市では、市の教育施策「都城学校教育ビジョン」において「すぐれた知性をもち心豊かでたくましい、ふるさと都城を愛する人間力あふれた児童生徒の育成」を目標に掲げており、実現に向けた取り組みの一つとして、1人1台端末環境によるICTを活用した授業が本格的に進められています。クラウドソフトの活用に加え、児童生徒一人ひとりの到達度に合わせた個別最適な学びの充実による学力向上を図るためのドリルソフト導入を検討、AI型アダプティブラーニング教材であるQubenaを評価いただき、市内全小中学校56校(小学3年生~中学3年生)の約11,000人での正式採用にいたりました。

<都城市教育委員会 教育長 児玉晴男氏 コメント>
都城市、池田市長の目指す「3つの宝を、より一層輝かす」宝の一つが「人間力あふれる子どもたちの育成」です。教育にかける予算も年々拡充し、教育にかける市長の想いも特別なものがあります。
都城市教育委員会として、今回のQubena導入に当たっては、個別最適な学習によって、一人ひとりの基礎固めを図っていきます。さらに、主体的・自律的な学習態度の育成にも大いに貢献すると期待しています。
Qubenaの導入によって、自動採点後の結果を見て、一人ひとりの子どもに対応する教師の姿を思い、働き方改革につながると考えています。
本市教育委員会としては、基礎固めと同時に、最終的に一人ひとりの子どもが自分の学びを「最適化」できるようになることを目標としています。

 

 

COMPASSでは、今後もQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「公正に個別最適化された教育」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献できるよう邁進してまいります。

<COMPASSについて> URL:https://qubena.com/
AI が子どもたち一人ひとりの習熟度に合わせて最適な問題を出題するAI型教材Qubenaを開発、2021年度からは小学校・中学校の5教科対応版をリリース、全国の小中学校1,800校、約50万人が利用しており、アダプティブラーニングによって知識・技能の習得を支援します。

2018年度から20年度まで3年連続で経済産業省「未来の教室」実証事業に採択。また「日本e-learning大賞 経済産業大臣賞」「グッドデザイン賞」を受賞しています。

より多くの教育環境へのアダプティブラーニングの導入拡大を通じて、誰一人取り残すことのない個別最適化された学びの提供と、さまざまな教育課題の解決に取り組んでいます。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社COMPASS >
  3. AI型教材「Qubena(キュビナ)」宮崎県都城市で正式採用 〜市内の全小中学校56校へ導入、約11,000人が利用〜