リトルプラネットがコラボした音感バラエティ「オトラクション」がゴールデンタイムでレギュラー化!2月23日(火)特番放送決定

~番組に登場したアトラクション2種が全国7か所のパークに登場!一部時間帯で大人のみでも入場可能に~

 ​遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)を全国に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、リトルプラネットがアトラクションをコラボ開発した音感エンターテインメント番組「オトラクション」が、2021年4月よりTBS系全国ネットでレギュラー化することが決定しましたのでお知らせいたします。
 これに先立ち2月23日(火・祝)19時より放送される特番にあわせて、全国7か所のリトルプラネットで2月24日(水)より、番組に登場したアトラクション2種の体験版が登場します。また同日から、一部時間帯にかぎり「大人(18歳以上)のみ」でもリトルプラネットに入場できる特別チケットを販売する予定です。
「オトラクション」番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/oto_raction/
 


■「オトラクション」とは
 「オトラクション」は、近年アーケードゲームを席捲する“音ゲー”をアトラクション化した新感覚の音感バラエティ番組です。ミュージシャンの西川貴教さんと“お笑い第7世代”霜降り明星が初タッグでMCを務め、出演者たちがチーム対抗で最新のデジタル技術で生み出されるゲームの世界に入り込み、身体と五感をフル活用しながら勝利を目指します。2020年8月に初めて特番として放送されツイッターでトレンド入りするなど話題となったこの番組が、今年4月より毎週火曜19時放送のレギュラー番組となって登場します。

■2月24日よりアトラクション2種の体験版が登場!一部時間帯で「大人のみ」での入場が可能に
 リトルプラネットでは昨年の特番より、サウンド、メロディ、リズムなどの「音」をテーマにしたデジタルアトラクションを番組とコラボ開発しています。このたびのレギュラー化を記念して、特番放送翌日の2月24日より全国7か所のリトルプラネット(お台場、新三郷、松戸、沼津、名古屋、和泉、鹿児島)に、番組に登場したアトラクション2種の体験版が登場いたします。出演者が挑戦した新感覚の“音ゲー”アトラクションを、視聴者の皆様も実際に体験することができます(※)。

 またリトルプラネットでは通常、大人(18歳以上)と子ども(17歳以下)のグループのみご入場が可能ですが、2月24日より各パークで閉店時間の2時間前より「大人のみ」でも入場できる特別チケットを販売する予定です(当日分を店頭で販売、枚数に限りあり)。詳細が決まりしだい公式サイトでご案内いたします。
 
  • アトラクションはお客様が安全に体験できるよう内容を一部変更しています。番組内とは遊び方が異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。また現在、コロナウイルス対策のため営業時間などを大幅に変更しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。https://bit.ly/2N1EEVL
  • コラボアトラクションの設置および特別チケットの販売は運営の都合により今後予告なく終了する場合があります。

 4月のレギュラー放送開始後も、リトルプラネットでは番組とのさまざまなコラボ企画を予定しています。今後も詳細が決まりしだい公式サイトや公式SNSなどでお知らせいたします。

<コラボアトラクション設置予定パーク>
・リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザ
・リトルプラネット ららぽーと新三郷
・リトルプラネット KITE MITE MATSUDO
・リトルプラネット ららぽーと沼津
・リトルプラネット mozoワンダーシティ
・リトルプラネット ららぽーと和泉
・リトルプラネット イオンモール鹿児島
【各パークの詳細はこちら:https://litpla.com/space/

【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋など全国7箇所に常設パークを展開しています。
公式サイト:http://litpla.com/


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者:代表取締役CEO 後藤 貴史
本社所在地:東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立:2016年9月
事業内容:テーマパーク事業、エクスペリエンスデザイン事業
URL:http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)の運営を開始し、これまでに全国各地で常設パークを展開しています。建築士、ゲームプログラマー、元幼稚園教諭、大手テーマパーク従事者など多様なスキルを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2020年より、これまでに培った知見やノウハウを活かして店舗や商業施設、保育施設、イベント会場などで新たなキッズ/ファミリー体験を生み出すエクスペリエンスデザイン事業を本格開始し、あらゆる空間において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレースホルダ >
  3. リトルプラネットがコラボした音感バラエティ「オトラクション」がゴールデンタイムでレギュラー化!2月23日(火)特番放送決定