コロナで入学式が中止になった学生に、1年越しの春到来 新2年生へ「2020年度入学式」を挙行

~ライブ配信も併用し、徹底した感染対策の下で実施~

 文京学院大学(学長:櫻井隆)は、昨年春新型コロナウイルス感染拡大の影響で入学式を執り行うことができなかった新2年生(2020年度入学生)を対象に「2020年度入学式」を挙行いたします。当日は、学部ごとに実施時間を分けライブ配信を活用することで、密を避け安全に配慮して執り行います。
  • 入学式挙行の経緯と安全対策
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入学式が中止となった新2年生(2020年度入学生)を対象に、ふじみ野キャンパスで2021年3月26日(金)に、本郷キャンパスで4月3日(土)に入学式を執り行うことを決定いたしました。
 当日は、各学部ごとに実施時間を分けることで参加人数を分散し、使用会場の収容人数の50%以内に収めて行います。また、会場に入ることのできない学生や保護者などに向けてライブ配信も活用することで、より多くの方が参加できる環境を整えました。加えて、国歌・校歌は声を出して歌わずに静聴という形式で感染リスクを抑えるなど、参加者全員が安全に安心して式典に参加できるよう、感染対策を徹底いたします。コロナにより対面授業の実施回数や課外活動なども制限され、従来通りの学生生活を送ることが難しい学生に対し、より充実した学びの環境や経験の機会を提供できるよう、本学では今後も衛生対応と学生サポートを継続してまいります。

■文京学院大学学長 櫻井隆コメント
 現1年生の入学式は昨年の4月1日に執り行う予定でしたが、当時はコロナ感染拡大の予測のつかない状況で、かつ初の緊急事態宣言が発出されるということもあり残念ながら中止とし、動画で学長メッセージを配信いたしました。2020年は入学式の中止のみならずガイダンス等も変則的に実施しながら授業を開始させて参りました。新型コロナウイルスの感染拡大とはいえ、本当に1年生には悲しい思いをさせてしまったと思っております。今はまだ、新型コロナウイルス感染拡大が収束したわけではございませんが、「1年遅れでも式典としての入学式を執り行ってあげたい」という声が先生方から挙がり、「この1年間の学生の頑張りに何らかの形で報いてあげたい、そして新たな気持ちでスタートしてもらいたい」という思いから今回の実施を決定いたしました。新2年生に「御入学おめでとう」を1年遅れですが対面で伝える日が迎えられるこの日を心待ちにしております。

■新2年生コメント
 1年前、新型コロナウイルス感染拡大によって入学式をはじめとし、大学生活すらもまともに送ることができませんでした。大学生活に期待を抱き、楽しみにしていた私達は残念な気持ちでいっぱいでした。ですが、今回新2年生への入学式挙行の案内をいただき、非常に新鮮な気持ちで嬉しく思っております。1年遅れとはなりますが、文京学院大学の学生として入学式を行う機会を与えて下さった事に心より感謝申し上げます。春から私達は2年生になりますが、この入学式を機にまた新たな気持ちで今後の大学生活を送っていきたいです。学生生活を有意義に過ごす為にもコロナに負けず、挑戦する事を恐れずに可能な限りの多くの経験をしていきたいです。何事にも一歩踏み出す気持ちで頑張っていきたいと思います。(経営学部 狩野美憂)

<2020年度入学式 概要>
開催日:2021年3月26日(金)人間学部・保健医療技術学部(ふじみ野キャンパス)
    2021年4月3日(土)経営学部・外国語学部(本郷キャンパス)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文京学院大学 >
  3. コロナで入学式が中止になった学生に、1年越しの春到来 新2年生へ「2020年度入学式」を挙行