コカ・コーラ ボトラーズジャパン、国内最大級の保管・出荷能力を持つ自動物流センター「明石メガDC」を竣工、7月より稼働開始

自動化・デジタル化を推進し、大阪府と兵庫県の物流を担う基幹拠点に

コカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長 最高経営責任者:カリン・ドラガン 以下、当社)は、明石工場(兵庫県明石市)敷地内に、コカ・コーラシステム国内最大級の保管・出荷能力を持つ自動物流センター(以下、「明石メガDC」)を竣工し、本日5月27日に竣工式を行いました。「明石メガDC」は2022年7月より稼働を開始する予定です。

「明石メガDC」外観「明石メガDC」外観

 

「明石メガDC」は、コカ・コーラシステム国内最大級の製品保管容量(約60,000パレット)と製品出荷能力(年間約8,000万ケース)を備え、大阪府および兵庫県の全エリアの物流を担う基幹拠点です。これまで各セールスセンターで行ってきた仕分けやピッキング、在庫保管などの倉庫業務を、今後は「明石メガDC」に段階的に集約してまいります。対象のセールスセンターは、在庫を保管しないクロスドッキング方式となり、お得意さまや各自動販売機などのエンド・ツー・エンドまで高効率に製品をお届けするネットワークを構築します。


また、設備の自動化・デジタル化を推進することにより、出庫にかかる時間や人員による作業工程の短縮を目指します。なかでも約1,500ケース(※)の製品の荷役を一括で可能とする陸上では珍しい自動設備であるRORO(roll-on/roll-off )ステーションでは、フォークリフトでの作業と比較した場合、トラックへの積み込み・積み下ろし作業時間を約7割削減することが可能となります。
※500mℓPETボトル製品の場合

当社は、急速に変化する市場環境や多様化するお客さま、お得意さまのニーズに迅速に対応するため、全エリアの物流体制とコストの最適化を目指した「新生プロジェクト」を進めています。「明石メガDC」は、そのプロジェクトの一つとして、昨年2月に竣工した「埼玉メガDC」に続く自動物流センターとなります。

当社は「バランスの取れた継続的な改善」と「高品質・低コスト・安定供給」のサプライチェーン構築を推進しています。今後も市場環境やお客さまの多様なニーズに迅速に対応するため、最適な物流体制の構築を目指してまいります。
 

竣工式の様子竣工式の様子


【コカ・コーラ ボトラーズジャパン 明石メガDC概要】
所在地:兵庫県明石市大久保町西脇152
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 明石工場敷地内
建物の延べ床面積: 33,056㎡
製品保管数量: 約60,000パレット
製品出荷能力: 約8,000万ケース/年
竣工:2022年5月
稼働開始:2022年7月(予定)

※倉庫内設備の詳細については、当社ウェブサイト「メガDCページ」をご参照ください。
https://www.ccbji.co.jp/corporate/locations/mega-dc/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス株式会社 >
  3. コカ・コーラ ボトラーズジャパン、国内最大級の保管・出荷能力を持つ自動物流センター「明石メガDC」を竣工、7月より稼働開始