「空の安心を守るのは、人だ」 ジェットスターで安心・安全に携わる現場スタッフに密着したドキュメンタリームービー 『ジェットスター プロフェッショナルズ』 vol.3 「キャビンクルー」編公開

URL:http://campaign.jetstar.com/professionals/

● 第1弾の「整備士」編、第2弾の「パイロット」編に続く、第3弾ドキュメンタリームービー
● 国内LCCで唯一の自社トレーニングセンターで、厳しいトレーニングを積むキャビンクルーに密着
● 多様なキャリア経験を持つクルーたちのチームワークに注目
ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:片岡優、以下:ジェットスター)は、空の旅の安心・安全を守るスタッフにスポットをあてた 『ジェットスター プロフェッショナルズ』のvol.3「キャビンクルー」編を本日より公開いたします。

『ジェットスター プロフェッショナルズ』は、空の安心・安全を守るジェットスターのスタッフが、日々どのような安全意識を持ち、運航を支えているかにフォーカスしたドキュメンタリームービーです。第1弾の「整備士」編、第2弾の「パイロット」編に続く第3弾は、お客様と接する時間が最も長いキャビンクルーに密着しました。

国内LCCで唯一の自社トレーニングセンターで行われる訓練で得られるものは、ジェットスターでは「One team」という言葉で表現されるチームワーク。緊急時にお客様の命を守るためには、キャビンクルー同士で何でも意見を出し合える関係の構築が重要です。妥協を許さない厳しい訓練を積むからこそ生まれるチームワークと冷静な判断が、空の安全に繋がっています。
 


保安要員でありながらサービス要員でもあるキャビンクルー。サービス面においては、機内のビデオ等に代わって、自らがお客様の思い出作りに関わっていくという意識をもって乗務しています。保育士の経験を持つクルー、グランドスタッフとしての職務経験を持つクルー。年齢や性別はもちろん、多種多様なキャリア経験を持つクルーたちの知恵と知識が集まるからこそ、ジェットスターらしいサービスが生まれます。

空の安心・安全を守る最前線、そのリアルを切り取ったショート・ドキュメンタリー『ジェットスター プロフェッショナルズ』を、ぜひご覧ください。

【ジェットスターで働くキャビンクルー】
ムービーに登場している樋渡亜希は、山形の夫・娘と離れて働くキャビンクルー。仕事では成田を拠点に客室サービスマネージャーとして空の安全を守り、休日は山形に帰って、高校生の娘とショッピング等でリフレッシュ。家族に支えられながら、山形と東京を行き来する二拠点生活を送っています。また、日笠山靖弥は、学生時代に空手で培った精神力を活かし、どんな状況でもお客様とまっすぐに向き合う男性クルー。2人のように、ジェットスターには、ユニークな背景を持つキャビンクルーたちが集まっています。助け合い、意見を言い合える関係性から生まれる結束力が、お客様の空の安全を守っています。

~出演した全キャビンクルーの紹介~

● 蔵重綾子(カスタマーサービスマネージャー)
厳しさの中にユーモアを添えてクルーを束ねる客室サービスマネージャー。元ショールームアテンダント。

● 樋渡亜希(カスタマーサービスマネージャー)
元外資系航空会社国際線クルー。山形の夫・娘と離れ、単身赴任で奮闘するキャリアパーソン。

● 阿部香織(カスタマーサービスマネージャー)
外資系航空会社での長い外地経験をベースに、安定したおもてなしと安全を提供するマネージャー。

● 岡田真梨子(キャビンクルー)
前職はインターナショナルスクールの保育士。心配りを大切に、常に親身になったサービスを提供。

● 小澤麻衣(キャビンクルー)
前職は旅行会社の営業。柔軟な性格を生かし、ちょっと欲張りにワークライフバランスを楽しむ。

● 庭本太郎(キャビンクルー)
多くいる男性クルーの中でも、一際几帳面な性格。ジェットスターの顔として日々丁寧に業務に取り組む。

● 日笠山靖弥(キャビンクルー)
新卒3年目。学生時代の空手で培った精神力を土台に、自分にしかできないサービスを探求している。

● 小高里依子(キャビンクルー)
グランドスタッフを経てキャビンクルーに。心配性だから気付ける、きめ細かい仕事を心がける。

● 矢野沙也加(キャビンクルー)
グランドスタッフを経て現職。好奇心旺盛でアクティブな性格を生かし、新しい挑戦をし続ける。

● 湯浅里美(キャビンクルー)
グランドスタッフを経て現職。保安要員であることの自覚を徹底し、チーム連携に注力する。

● 中原絹(キャビンクルー)
入社2年目。男兄弟に挟まれた環境で育った、賑やかさとアクティブさを生かして日々奮闘中。

【ジェットスター・ジャパンについて】
「日本の空、世界の空を、もっと身近に。」をビジョンとして掲げ、2012年7月より日本国内線、2015年2月からは国際線の運航を開始しました。現在、国内14都市・21路線、国際4都市・9路線を24機のエアバスA320型機(180席)で1日約100便を運航しており、就航から2,800万人以上のお客様にご利用いただいています。ジェットスター・ジャパンには豪カンタスグループ、日本航空株式会社、三菱商事株式会社、東京センチュリー株式会社が出資しています。
https://www.jetstar.com/jp/ja/home
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジェットスターグループ >
  3. 「空の安心を守るのは、人だ」 ジェットスターで安心・安全に携わる現場スタッフに密着したドキュメンタリームービー 『ジェットスター プロフェッショナルズ』 vol.3 「キャビンクルー」編公開