お子さんを預けたいママ・パパに朗報!2年連続で待機児童ゼロ(国基準)の松戸市なら、保育園・保育施設に入れます

~子育てファミリーにやさしい松戸市の取り組み~

千葉県松戸市では、平成29年4月、2年連続で国基準の「待機児童ゼロ」を達成しました。4月末の現時点でも、松戸市の中でも特に、子育てファミリーが急増中の新しい街・「東松戸駅」「秋山駅」「松飛台駅」の周辺では、保育園・小規模保育施設ともに入園・入所が可能。都心への交通アクセスも良く、注目が集まっています。
現時点でまだ入れる保育園・保育施設があるという千葉県松戸市は、平成29年4月、2年連続で国基準の「待機児童ゼロ」を達成、「東京に隣接した子育てしやすい街」として、「待機児童対策」を最優先課題として取り組んでいます。保育園や保育施設への入所について、第1希望から第3希望のいずれかに入所できた割合は93%、兄弟姉妹で入所している場合で、同じ施設に入所している割合は95.1%といずれも高い数値を示しています。

松戸市で実施されている、待機児童を解消するための重点的な取り組み
(1)幼稚園での預かり保育の拡充
 保護者が働いていても保育園だけではなく、幼稚園での教育を受けることができる。
 ☆ここがポイント/預かり保育を利用して幼稚園に就園しても、保育所を利用しても保護者の負担額がほぼ同じになるよう市が最大25,000円まで助成。
(2)松戸市内にあるすべての駅(23駅)に小規模保育施設(0歳から2歳児対象)を整備
 小規模保育施設はその他の整備を含めて44カ所、千葉県内1位の数。
 ☆ここがポイント/市内小規模保育施設の保育料が、市内認可保育園に比べて約20%安い。
(3)送迎保育ステーション事業
 市内の地域偏在に対応するため、保育需要の高い松戸地域から比較的余裕のある東松戸地域、秋山地域へ園児たちをバスで送迎。
(4)公私連携型保育所の開設
 小規模保育施設卒園後の児童を受け入れるため、3歳から5歳児対象の保育所を開設。

このような取り組みを進めてきた結果、待機児童の多い0歳から2歳児の受け入れ、また、小規模保育施設からの卒園児童もすべて受け入れることができ、いわゆる「3歳の壁」もなく、2年連続での待機児童ゼロを達成しました。

 そのような中、4月末の現時点でも保育園・保育施設に入ることができる、と注目を集めているのが「東松戸駅(JR・北総鉄道)」と「秋山駅(北総鉄道)」の周辺エリア。東京都心まで20~30分という交通アクセスが良く、新築マンションやスーパー・飲食店などの開発が進む新しい街として人気があり、新たに住み始める子育てファミリーが急増しています。
これを受けて市では、平成28年4月に新設の「松戸市立東松戸小学校」を開校、保育施設の新設や整備にも力を入れました。そのため、東松戸駅と秋山駅周辺では現在、保育園・小規模保育施設への入園・入所が今も可能となっています。

松戸市では引き続き、保育施設の整備や幼稚園の預かり保育などの拡充を行って、子育てファミリーにやさしい街・松戸市として取り組んでいきます。

松戸やさしい暮らしガイドより抜粋松戸やさしい暮らしガイドより抜粋

・松戸市の子育て情報が満載「まつどDE子育て」
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kosodate/matsudodekosodate/

【本件に関するお問い合わせ先】
■松戸市 子ども部 幼児保育課
所在地:松戸市根本387-5 TEL:047-366-7351
  1. プレスリリース >
  2. 松戸市役所 >
  3. お子さんを預けたいママ・パパに朗報!2年連続で待機児童ゼロ(国基準)の松戸市なら、保育園・保育施設に入れます