電子契約サービス「NINJA SIGN」三者間以上での契約締結が可能に

~独自の3つの特徴で柔軟で正確性ある契約締結を実現~

 株式会社サイトビジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭政人)が運営するワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN」は、6月14日(月)より三者間以上の電子契約締結ができる機能を提供開始します。ユーザーは今後、テンプレート作成時や契約書作成・送信時に相手方の人数を選択できるようになり、通知書類や二者間契約に加え、三者間以上のご契約でも利用可能になります。
<賃貸借契約やリース契約など多様なシーンでの利用が可能に>    
 今回の機能追加でテンプレート作成時や契約書作成・送信時に相手方の人数を選択できるようになり、通知書類や三者間契約に加え、三者間以上の契約でも利用できるようになります。    
 さらに、契約相手には関係者すべての署名が完了した状態で、最終確認として合意を得ることができます。紙の契約書では手間が掛かるためこれまで困難であった方法を、NINJA SIGNの操作の容易さという特性を生かすことで実現しました。この機能により、当事者同士の認識を一致させることができ、これまでよりも正確に、素早く契約締結が可能になります。

 それに加えて、契約書送信時に署名順(順列or並列)が選択でき、一括作成・一括送信機能も利用することが可能になりました。
 リース契約をはじめ、当事者が三者以上存在する場合の契約締結が可能になり、これまでよりもさらに多様なシーンで「NINJA SIGN」をご活用いただけるようになります。



<三者間以上での電子契約機能の詳細>
▼NINJA SIGNならではの特徴
・契約相手にはすべての契約相手の署名が完了した状態で合意を実施
・契約書送信時に署名順(順列or並列)が選択可能    
・一括作成・一括送信機能・API連携機能でも利用可能

▼三者間以上の契約締結イメージ

 契約書を作成し、複数の契約相手へ送信した後、すべての契約相手に署名依頼が届きます。(署名順を指定した場合はその順に)署名が完了した後、署名した順をさかのぼるように今度は合意依頼が届きます。すべての契約相手の「署名」そして「合意」が完了した状態で、送信者が最終確認し、締結が完了します。

▼リリース予定日
6月14日(月)~:三者間(相手方の人数最大2名)の契約機能
6月21日(月)~:三者間以上(相手方の人数最大10名)の契約機能

▼対象ユーザー
NINJA SIGNをご利用中の全ユーザー

▼利用詳細はこちら
https://note.com/ninjasign/n/n1512bcf74a2a


<NINJA SIGNについて> https://www.ninja-sign.com/

 煩雑な【契約書作成依頼】【作成】【レビュー】【締結】【保管】といった一連の契約業務をオンライン上で行えるワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN」。不要な操作を一切無くし、“ニンジャ”のようにスピーディーな動作を実現、契約業務を影から支えます。また、必要機能に合わせた定額プランを5種用意し、低コストで導入・利用が可能です。

 今年4月にfreeeグループへ参画、今後はfreeeの提供する統合型クラウドERPサービスと共に、会計・ワークフロー・人事労務と契約を一体で効率的に管理できる仕組みを構築していきます。


<会社概要>
社名   :株式会社サイトビジット ※freee株式会社70%子会社
代表取締役:鬼頭政人
設立   :2013年
会社URL   :http://sight-visit.com/
所在地      :(本社)東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル2階
      (北陸カスタマーセンター)新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1945-1
       リアライズ西万代橋ビル 2F
事業内容   :電子契約書作成・締結サービス「NINJA SIGN」運営
              資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」運営
      法務特化型人材サービス「Legal Engine」運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイトビジット >
  3. 電子契約サービス「NINJA SIGN」三者間以上での契約締結が可能に