「TOKYO SEEDS PROJECT」が始動します!

~世界5大陸8ヶ国のデザイナーが、山手線を媒介とした東京の魅力を発掘~

・東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:冨田哲郎)と一般社団法人つむぎや(代表理事:友廣裕一)は、世界一魅力的な「東京VALUE」を創発するため、世界5大陸8ヶ国のデザイナーの視点で、山手線を媒介とした東京の魅力を発掘する「TOKYO SEEDS PROJECT」に取り組みます。
・各国のデザイナーが自らの視点で山手線を媒介とした東京の魅力を発掘し、その魅力を自国に伝えるための“キービジュアル”及び“コミュニケーションデザイン”を製作・提案します。
・本プロジェクトを通して製作されたビジュアル及び映像から、今後を見据えたインバウンドや海外展開へのヒントを得るとともに、国・地域を越えた情報発信や事業展開につなげてまいります。


「TOKYO SEEDS PROJECT」とは
 世界一魅力的な「東京VALUE」を創発することを目的に、山手線を媒介として「東京が培ってきた文化の種」を異文化視点で発掘しようとするプロジェクトです。第1弾として、世界5大陸8ヶ国よりデザイナーを招聘し、JR社員のコーディネートにより、他人に伝えたくなるような、共感できる経験を創出し、その味わい深い経験をもとに、各デザイナーの出身エリア向けに山手線や山手線沿線のまちについてのコミュニケーションデザインを提案して頂きます。

実施期間:平成29年11月16日(木)~平成29年11月24日(金)
参加デザイナー出身国:アメリカ・アルゼンチン・イギリス・インドネシア・エジプト・オーストラリア・
                               シンガポール・日本 

※本プログラムは、2015年から独立行政法人国際交流基金と一般社団法人つむぎやが実施している「DOOR to ASIA(http://door-to.asia)」のコンセプトをもとに生まれたプログラムです。

<参加デザイナープロフィール> 

Xinying (シンイン)
www.blackdesign.com.sg
Singapore

Xinyingはシンガポールを拠点としたグラフィックデザイナーです。現在、ブランディング、デザインとキューレーションを通して、都市、企業、コミュニティのためのクリエイティブカルチャーを発展させることに力を入れているクリエイティブエージェンシーBLACKで働いています。 彼女の核となる関心事やデザイナーとしての活動は、主にブランディングとデザインですが、プロジェクトにおけるプロデューサーとしての役割も担っています。 多様な経験を通じて、F&B、ライフスタイル、小売、政府業界などの世界のクライアントやパートナーと協力して仕事をしています。 Xinyingは、良いデザインは価値と意味を私たちの生活にもたらす力を持っていると考えています。


Zinnia Nizar-Sompie (ジニア・ニザー - ソンピ)
http://adgi.or.id/en/member/zinnia-nizar-sompie
Indonesia


ZinnieはArt Institute of Seattle(1995)とSchool of Visual Arts, New York(1998)でグラフィックデザインを学びました。雑誌のデザイナーとしてキャリアをスタートし、今ではインドネシア国内で編集デザインができる数少ないデザイナーの一人になっています。 2009年、インドネシア グラフィックデザイナー協会(ADGI)に
参加し、その後協会のさらなる発展のため代表に就任しました。 ADGIの任期内に、新しく創設されたIndonesia
Agency for Creative Economyの設立に尽力し、現在インドネシア経済産業省のクリエイティブ・エコノミー・ワーキンググループで、デザイン部門の責任者を務めています。その他、自身のデザインスタジオの経営、Jakarta Institute of the ArtsとBinus Northumbria School of Designでの教育デザインの授業などを行っています。


Jamie Mcintyre (ジェイミー・マッキンタイアー )
@justjamiemac
United Kingdom


Jamieはクリエイティブ業界で7年以上の経験を持ち、現在、ファッション、カルチャー、ライフスタイル、テクノロジーに関する世界主要ブランドのクリエティブコンサルタントとして働いています。
スコットランド出身で、現在はロンドンを拠点にし、過去6年間に渡って世界的に有名なロンドン発のデザインメディアプラットフォーム「It’s Nice That」のクリエイティブチームを指揮していまして、過去には、映画のデレクション、写真撮影、建築スペース、雑誌のデザインの大規模なプロジェクト等も手がけていました。 フリーランスの世界に入ってまだ数ヶ月ですが、ワールドワイドなクリエイティブネットワークとのコラボレーションを続けていて、2018年には既に楽しみにしているプロジェクトがいくつかあります。


Sabah Khaled (サバ・カレド )

Egypt

Sabahは5年間の大学生活で、以前見落とされていた些細な情報を拾い、徹底的に追及するため、取り組んだ全てのプロジェクトに全ての敬意を払うことを学びました。 彼女のインストラクターであるAhmad Saqf-Alhaitと、アドバイザーが彼女の強みを磨き、そしてデザイナーとしての目的が明確になったのです。そして、インストラクターであるAhmadは彼女の強みを以下のように指摘しています。 データの視覚化:複雑な情報を解明し、それを視覚的に注意深くコミュニケーショナルなメッセージに変換することで、理解しやすく、保存しやすくなることが彼女の強みです。


Francisco Roca (フランシスコ・ロカ)
www.studentshow.com/franciscoroca
Argentina

Franciscoはアルゼンチン、ブエノスアイレス出身のグラフィック、モーショングラフィックデザイナーです。FOX International Channels, FOX Latin America, MTV,RTL, National Geographic, Discovery, と Nestlé などを手がける小さなデザインスタジオで働いています。 通常のデザイナーとしての仕事以外に、ブエノスアイレス大学にてタイポグラフィーを教えており、毎年250名の学生に4学期間、歴史的なカリグラフィーから現在使用されているタイポグラフィーまでを教えています。またピアノ演奏や古本収集もしています。


Caleb Misclevitz (カレブ・ミスクレビッツ)
www.calebmisclevitz.com
Portland, OR, USA

Calebはオレゴン州ポートランド出身の学際的なデザイナーです。
彼は全てのことをセンチメンタであると捉える感覚を持っています。大音量の音楽と静寂なタイポグラフィーが好きです。


WING LAU (ウィング・ラウ)
winglau.net
Sydney, Australia

Wing Lauは、ブリティッシュ香港で生まれ育ち、現在、オーストラリアのシドニーに拠点を置くクリエティブコンサルタント、デザイナー、アートディレクターです。 オーストラリアのデザインエージェンシーだけでなく、文化を超えたアジア-パシフィック(APAC)のクライアントと一緒に仕事をしています。Wing Lauは、2008年から2012年の間に、College of Fine Arts(現UNSW Art&Design)で学術セミナーを開催していました。
シドニーのKind of Galleryの共同設立者であり、共同キュレーターとしても務めていました(2011年~2013年)。
ISTD (International Society of Typographic)のメンバーでもあります。


Yuko Hirose (廣瀬佑子)

Japan

 

廣瀬さんは、大阪府生まれ育ちの、グラフィックデザイナーです。大学卒業後、広告制作会社にてデザイナーとして経験を積み、退社後、バイクで日本一周を行った際に土砂災害に遭遇しました。山に興味を持ち始めたことをきっかけに、奈良県吉野町に移住し、食べ物やエネルギーを出来る限り自活する生活を送っています。現在はフリー ランスで奈良県の行政や様々な企業の販促物(ロゴ、パッケージ、名刺やパンフレット、HPなど)をトータルで制作する仕事の傍、彼女の仕事で関わったクライ アントの食材を用いた「家庭料理オカン」も実験営業しています。





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本旅客鉄道株式会社 >
  3. 「TOKYO SEEDS PROJECT」が始動します!