東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022 日本代表チーム総合優勝で閉幕

一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、11月16日から18日にかけて開催された「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」(Esports Championships East Asia 2022、以下ECEA 2022)にて、日本代表チームが総合優勝を果たしたことをお知らせします。
この大会は、日本、中国、韓国3か国の友好と、東アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されたeスポーツの国際対抗戦です。今年は、中国・上海を配信拠点としたオンライン開催となりましたが、日本と韓国の2か国は韓国・釜山のBRENA(Busan e-Sports Arena)にてオフラインで競技を実施しました。

大会は、「eFootball™ 2023」、「Hearthstone(ハースストーン)」、「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」の3タイトルで競技が行われ、2つのタイトルで勝利した日本代表チームが大会の総合優勝を果たしました。

<大会結果>


JeSUは今後も、日本におけるeスポーツの振興を通して国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指し、これをもって国民の健康とともに、社会・経済の発展に寄与することを目的として活動してまいります。


<大会概要>
名称: Esports Championships East Asia 2022 (東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022)
日程:   2022年11月16日(水)~18日(金)
会場:   オンライン方式
            ※日本、韓国のみBRENA(Busan e-Sports Arena)にてオフラインで競技を実施
参加国: 日本、中国、韓国
実施タイトル(※アルファベット順)、および日本代表選手:
 「eFootball™ 2023」: Leva選手、koko選手
 「Hearthstone(ハースストーン)」:Alutemu選手 (posesi選手は諸事情により欠場となりました)
 「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」: Ricky選手、Popon選手、Akainu選手、chilioil選手(以上、前Sengoku Gaming所属)、Akabuff選手(前Axiz所属)、YSDSコーチ(Sengoku Gaming所属)
賞金: 各タイトル総額 約100万円 (50,000元) ※1中国人民元=20円換算として
            優勝国:約50万円(2万5千元)、 準優勝国:約26万円(13,000元)、
            3位:約18万円(9,000元)、 MVP:約6万円(3,000元)
主催: CCEA (China Culture and Entertainment Industry Association)
大会URL: https://jesu.or.jp/ecea2022/


◆日本eスポーツ連合(JeSU)について
一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そして振興を目的に国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指しています。eスポーツの認知向上と選手の活躍の場の更なる拡大を目指し、競技タイトルの公認や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など様々な取り組みを行っています。
また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めています。

オフィシャルスポンサー:
   KDDI株式会社
   ZONe エナジー
   株式会社ローソン
   株式会社ビームス
   株式会社マウスコンピューター

活 動 助 成: 一般財団法人上月財団

協力: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
          一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

後援: 一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)
          一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本eスポーツ連合 >
  3. 東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022 日本代表チーム総合優勝で閉幕