Utility3.0時代を見据えた東電エナジーパートナーの販売エリア拡大等2019年度の事業展開【JPIセミナー6月3日開催】

~ガス小売全面自由化開始から2年で浮上した課題を踏まえ~

日本計画研究所は、 東京電力エナジーパートナー株式会社 取締役副社長 佐藤 美智夫 氏 ​を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。
〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14517

 


〔タイトル〕
Utility3.0時代を見据えた
東電EPの販売エリア拡大等2019年度の事業展開
~ガス小売全面自由化開始から2年で浮上した課題を踏まえ~

〔講義概要〕
エネルギー産業は大きな変革期にきている。電力およびガスのシステム改革期であるUtility2.0は通過点に過ぎず、Utility3.0への進化が求められている。本講演はUtility3.0の世界をまずはご紹介し、小売全面自由化が開始して約2年が経過したガス業界の振り返りを行いたい(Utility2.0の進捗)。
その上で、当社を含めた各社の今後の展望について整理していきたい。また自由化の更なる促進に向けた制度面での課題やガス事業制度検討WGの進捗状況について話していきたい。

〔講義項目〕
1.2050年に向けたエネルギー情勢の変化と基本計画
2.エネルギー業界の変革について-Utility3.0へのゲームチェンジ
3.ガス小売全面自由化開始2年間の振り返り
4.Utility3.0時代を見据えた当社事業の紹介
5.今後の業界展望
6.ガス自由化促進に向けた制度議論の現状
7.関 連 質 疑 応 答
8.名 刺 交 換 会
 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕  
東京電力エナジーパートナー株式会社 取締役副社長 佐藤 美智夫 氏 

〔開催日時〕  
2019年6月3日(月)  13:30 - 15:30
 

JPIカンファレンススクエアJPIカンファレンススクエア

〔会  場〕  
港区南麻布/JPIカンファレンススクエア
https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費 1名 : 32,850円 (資料代・消費税込)
 2名以降 27,850円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待(ホームページからのお申込みに限る。)

《こちらも要チェック↓↓》
【7月9日開催】東京電力HD:電力会社が目指すデジタライゼーションの取組み例と今後の展開
https://www.jpi.co.jp/seminar/14610
 

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp
 

 

 

【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本計画研究所 >
  3. Utility3.0時代を見据えた東電エナジーパートナーの販売エリア拡大等2019年度の事業展開【JPIセミナー6月3日開催】