世界最高峰AI技術搭載の顔認証開発キット「SDK」で実現する、より安全で便利な宅配ロッカーシステム

株式会社FUJI(本社:愛知県知立市、以下「FUJI」)が展開する宅配ロッカーシステム「Quist(クイスト)」に、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)が提供するJCV顔認証ソフトウェア開発キット(SDK)、以下 JCV顔認証「SDK」を実装致しましたのでお知らせ致します。この宅配ロッカーシステムの開発により、一般ユーザーにとってより便利、高セキュリティに顔認証での荷物受け取りが実現します。

リテール業界で急速に広がるBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)。QuistはこれまでQRコードを活用した「非対面、非接触」の商品や荷物の受け渡しサービスを提供してきました。IoTを駆使した同ロッカーシステムは、導入先の「自動化、省人化」にも貢献しています。

今回、JCV顔認証「SDK」をQuistに利用することで、QRコード認証に加えて顔認証での鍵解除が可能となりました。例えば、ユーザーがスマートフォンを忘れた際にも確実に荷物の受け取りが可能となります。顔データ登録を一度行うことですぐに使用開始することができ、QRコードの検索・表示という手間すら省くことができるようになります。「顔パス」での荷物受け取りが可能になることで、これまで以上にユーザーと導入事業者の安全性(非対面、非接触)と利便性(QRコード不要、自動・省人化)の向上が期待できます。

JCV顔認証「SDK」はQuistのような既存製品・システムに追加機能として実装をし、新製品開発に利用いただけます。AI技術を搭載したJCV顔認証「SDK」は、99%以上の認識精度、生体検知(なりすまし防止)、マスク検知(マスクを着用している顔を検知)等、正確性、セキュリティ面で力を発揮します。
SDKの顔認証は宅配ロッカー以外にも、荷物の一時預けロッカーや、事業会社での本人確認システム強化、カードやキー(鍵)無しのホテルや自宅の入退室にも応用が可能です。

■Quistの特長
「Quist」は、IoTを駆使し、ロッカー本体、クラウド、そしてユーザー端末を結ぶ次世代型宅配ロッカーシステムです。主な特長として下記が挙げられます。
  • 全天候型:防塵・防水構造により、屋内・屋外を問わず、どこにでも設置が可能
  • 高セキュリティ:防犯カメラ内蔵。録画動画の一定期間蓄積が可能
  • スマート受取:QRコードをかざす、または顔認証でボックスが開くため、操作が簡単
  • Quistシステム: 各システムとのデータ連携を可能としたフレキシブルなシステムI/F提供
  • Quistクラウド:クラウドシステムを利用したリアルタイムなロッカー管理・監視システム
  • 設置準備:コンセント1口(AC100V)のみで稼働開始が可能
  • ラッピング広告宣伝:Quist本体の前面を広告面として利用可能
https://www.fuji.co.jp/items/quist

■JCV顔認証SDKについて
JCV顔認証「SDK」は、より少ない工数でアプリケーションやシステムを開発できるようにするための、プログラム・サンプルコードなどをパッケージ化したソフトウェア開発キットです。自社の利用環境に応じ、自由に開発・導入が可能です。世界トップレベルのSensetimeの顔認証アルゴリズムを使用*1、認証のエラー率は最も低い数値を達成*2しており、AIテクノロジーの採用の容易性、スピード、正確性において世界最高峰レベルの顔認証開発キットとなります。
https://www.japancv.co.jp/solutions/fr_sdk/

■株式会社FUJIの概要
社名:株式会社FUJI
本社所在地:愛知県知立市山町茶碓山19番地
代表者:須原 信介
資本金:5,878百万円 ※2021年3月末現在
主な事業内容:電子部品実装ロボットならびに工作機械の開発・製造・販売
ウェブサイト:https://www.fuji.co.jp/

*1 米国国立標準技術研究所(NIST)実施のベンチマークテストで、8評価項目のうち5主要分野でNo.1の精度評価を受けています。

*2本人と本人写真の類似度を比較し、同一人物であるかを判定する「1:1認証」でも、最も低いエラー率(FNMR*)を達成し、3項目におけるNo.1をふくむ、5つの項目でトップ3にランクインしています。

*FNMRはFalse Non-Matching Rateの略。本人拒否率(誤非合致率)と呼ばれています。 1回の照合に対するエラーの確率、別の人物の顔を同じ人物と判断してしまう率を指します。

■JCVデベロッパーサイト
開発者の方向けにJCVデベロッパーサイト公開致しました。
詳細はこちら▼
https://developer.japancv.co.jp/

 

日本コンピュータビジョン株式会社(JCV:Japan Computer Vision Corp.)は、ソフトバンク株式会社の子会社で、AI技術を活用し、スマートビルディング分野やスマートリテール分野に対し最先端の顔認証ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。JCVは、最先端の技術に、日本国内で求められる高水準のセキュリティ、個人情報保護の価値への意識を通じて、人々が幸せにくらす、より効率的で便利な新しい世界の出発点となるようなプロダクトを生み出していきます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コンピュータビジョン株式会社 >
  3. 世界最高峰AI技術搭載の顔認証開発キット「SDK」で実現する、より安全で便利な宅配ロッカーシステム