第1回「プラチナキャリア・アワード」受賞企業決定

授賞式、記念シンポジウムは5月23日(木)14:00~ イイノホール&カンファレンスセンターにて開催 

第1回「プラチナキャリア・アワード」(東洋経済新報社主催、 内閣官房・厚生労働省後援、 未来共創イノベーションネットワーク(三菱総合研究所が運営)、 三菱UFJ信託銀行企画)の最優秀賞、 優秀賞、 東洋経済賞が決定をいたしました。 応募総数152社の中から、 審査員による厳正なる審査を経て選出されました。
 

受賞企業
■最優秀賞
SCSK株式会社

■優秀賞
株式会社伊藤園
株式会社T&Dホールディングス
マツダ株式会社
株式会社丸井グループ


■東洋経済賞
株式会社ファンケル

「プラチナキャリア」とは
人生100年時代、これからの社会人が目指すべきキャリア像として、3つの視点に着目
(1)長期的視点
   年齢によらず(70歳超でも)仕事に役立つスキルを身につけ活躍
(2)自律的な学び
   自ら能動的に学び、必要スキルと経験を積んでいく
(3)社会への貢献
   社会の変化や時代の要請に関心をもち、社会へ貢献する意識をもつ

「プラチナキャリア・アワード」では、「プラチナキャリア」構築に資する制度導入、運用実践企業を表彰し、
企業および働き手の意識や価値観の変容を期待

表彰式・記念シンポジウムのご案内
本日、5月23日(木) 14:00よりイイノホール&カンファレンスセンターにて
表彰式・ならびにシンポジウムを開催します。

表彰式
14:30 開会挨拶
14:35 授賞式 (トロフィー、賞状の授与、ならびに写真撮影)
15:15 閉会

記念シンポジウム
16:00 開会挨拶
16:05 基調講演
    『プラチナキャリア・アワード』審査委員会
    座長 小宮山 宏 氏
16:25 記念講演
             「日本人の勝算」 ~人口減少、高齢化に打ち勝つ生存戦略~
     株式会社小西美術工藝社
     社長 デービッド・アトキンソン 氏
16:55 審査委員パネルディスカッション
     プラチナキャリアが求められる理由 ‐ 審査を通して得た学びと提言 ‐
17:35 最優秀賞受賞企業スピーチ
     SCSK株式会社
    代表取締役 会長執行役員 最高経営責任者 田渕 正朗氏
17:55 閉会

審査委員のご紹介
審査委員会座長
三菱総合研究所 理事長 小宮山 宏氏

審査委員(50音順)
株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長
株式会社ユニカルインターナショナル 代表取締役社長
国際女性ビジネス会議実行委員会委員長 佐々木 かをり氏

デジタルハリウッド大学大学院 教授 佐藤 昌宏氏

東京大学大学院教育学研究科 教授 牧野 篤氏

オフィスモロホシ 代表 (社会保険労務士・キャリアコンサルタント) 諸星 裕美氏

東京大学大学院経済学研究科 教授 柳川 範之氏

2019年5月23日
プラチナキャリア・アワード実行委員
https://toyokeizai.net/sp/sm/award2019/index.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東洋経済新報社 >
  3. 第1回「プラチナキャリア・アワード」受賞企業決定