ビジネスアプリプラットフォーム『Canbus. 』が経済産業省 「IT導入補助金」の対象に認定

 株式会社システナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦 賢治、以下「システナ」)が提供するビジネスアプリプラットフォーム「Canbus.」は、2019年6月21日にIT導入補助金対象ツールに認定されました。

 働き方改革が叫ばれている昨今、「働く環境」の改善が求められており、その影響で
ITツールを導入する企業も多くなっています。しかし、「導入したいけど、予算を確保できない」や「社内のリソースが足りず、導入できない」という声を多く頂いています。

 そのようなお客様の声に応えることを目的とし、多くの企業で利用実績がある
Canbus.を経済産業省が実施している「IT導入補助金」の対象ITツールとして申請し、このたび認定されました。これによりCanbus.を導入される企業は、補助金の活用により通常コストの半分で導入することが可能となりました。

「IT導入補助金」とは、主に中小企業・小規模事業者等の方々が生産性向上をITツールの導入により実現するための経費の一部を補助する制度です。
(対象となる企業や補助される金額等詳細は以下URLを参照ください。)
https://www.it-hojo.jp/overview/

Canbus.ホームページ:
https://canbus.com/


◆『Canbus.』を利用する3つのメリット

・簡単に業務アプリの作成が可能
ドラッグ&ドロップで現在の業務をイメージしたアプリの作成が簡単に行えます。
紙やExcelを使用している、これからITツールを導入するお客様に適したサービスです。
また利用促進のために、各種業務テンプレートをご用意しております。テンプレートを活用し、自社の業務に当てはめてCanbus.を利用できます。テンプレートは随時公開していきます。

・利用ユーザーが無制限
利用ユーザーが無制限のため、アカウントの追加が簡単です。各アプリは閲覧者や承認者など権限が追加でき、部署をまたいでの申請・承認も可能です。
また、他社との情報共有ツールとしても利用でき、プロジェクトごとの管理も可能です。

・スマートフォンからの入力、申請も可能
パソコンなどで活用している業務アプリは外出中でも利用が可能です。急な申請、承認でも外出中から対応が可能です。

▼スマートフォンアプリのダウンロードはこちら
・Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.systena.canbus.mobile

・iOS
https://itunes.apple.com/us/app/canbus/id1455459818?l=ja&ls=1&mt=8

【会社概要】
社名  : 株式会社システナ
所在地 : 〒105-0022 東京都港区海岸1丁目2番20号汐留ビルディング14F
代表者 : 代表取締役社長 三浦 賢治
資本金 : 15億1,375万円(2019年7月1日現在)
設立    : 1983年 3月
URL    : https://www.systena.co.jp
事業内容: 自動運転・車載システム、社会インフラシステム、Webビジネス向けシステム、IoT関連システムおよびロボット/ AI、モバイル機器等のソフトウェアの開発・品質検証、金融機関向けシステム開発、システムの運用・ヘルプデスク、IT商品の販売およびシステムインテグレーション、クラウドサービスの提供など、システムの企画・設計・開発・導入から保守・ユーザーサポートまでトータル・ソリューション・サービスの提供
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社システナ >
  3. ビジネスアプリプラットフォーム『Canbus. 』が経済産業省 「IT導入補助金」の対象に認定