〈人事ご担当者向け〉セミナーのご案内:CQ (Cultural Intelligence:カルチュラル・インテリジェンス)~グローバルで活躍するリーダーに求められるCQとは~

講師:藤井正嗣氏 (BBT実践ビジネス英語講座講師/早稲田大学理工学術院教授/東京工業大学グローバルリーダー教育院講師)

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)の法人営業本部は、2015年10月29日(木)19時~、BBT麹町オフィス1Fラウンジにおいて、「CQ(Cultural Intelligence)~グローバルで活躍するリーダーに求められるCQとは~」と題したセミナーを開催いたします。本セミナーでは、文化的背景を異にするメンバーとチームを組んで仕事をするために必要となる能力、異なる文化を読み解き、適応する力を意味する「CQ(Cultural Intelligence:カルチュラル・インテリジェンス)」という観点から、グローバルビジネスで成功するために必要な要素や、「CQ」スキル向上のための秘訣などをテーマとしております。
急速にグローバル化が進む昨今、企業の人事担当者からも、異文化環境でも臆せず行動し、結果を出せる社員の育成に貢献できる教育への要望を多く頂戴するようになりました。言葉の面はもちろんですが、言葉だけではなく文化的背景の違いによって物事の捉え方や感じ方が大きく異なることも、日本のビジネスパーソンにとって仕事を進めていく上で、大きなハードルの一つとなっています。

そのような背景を受け、このたびBBT法人営業本部は、「CQ(Cultural Intelligence:カルチュラル・インテリジェンス)」という切り口で、グローバルで戦える人材の育成を考えるためのセミナーを開催する運びとなりました。異文化環境で、リーダーとして日本人以外の多様なメンバーとチームを組んで仕事をし、成果をあげるためには、一般的に重要と言われている「IQ(知能)」、「EQ(感情)」に加え、今回テーマとなっている「CQ(異文化適応力)」が欠かせません。「CQ」は、異なる文化を読み解き、適応する力とされており、海外の有名なビジネススクールでも効果測定として使われているなど、昨今注目を集めている概念です。

本セミナーでは、長年「CQ」の研究に従事され、またBBT実践ビジネス英語講座のリーダーシップ力トレーニングコースで「Cultural Intelligence」を担当する藤井正嗣氏を講師に迎え、グローバルビジネスで成功するために必要な「CQ」とは何なのか、また「CQ」スキル向上のための秘訣とはどのようなものかなどについてお伝えします。



◆日時:2015年10月29日(木)19:00~21:30
◆場所:BBT麹町オフィス1F (東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア)
◆講師:藤井正嗣氏 (ふじいまさつぐ)氏(BBT実践ビジネス英語講座講師/
早稲田大学理工学術院教授/東京工業大学グローバルリーダー教育院講師)
◆受講料:無料
◆対象者:グローバル人材育成に取り組む法人・人事担当者
◆主催:BBT法人営業本部(法人営業2部)
◆詳細情報・お申込みURL:http://www.bbt757.com/global/seminar/

〈法人・一般のお客様からのお問合せ〉
株式会社ビジネス・ブレークスルー 法人営業本部 法人営業2部
E-Mail: global@bbt757.com  Tel: 03-5860-5587(10:00~18:00 土日祝祭日を除く)

以上


【講師プロフィール】
藤井正嗣氏 (ふじいまさつぐ)氏
BBT実践ビジネス英語講座講師。早稲田大学理工学術院教授。東京工業大学グローバルリーダー教育院講師。
米国カリフォルニア大学(バークレー校)数学科および同大学院修士課程卒業。
ハーバード・ビジネス・スクールAMP(上級マネジメントプログラム)修了。
2013-2014年カリフォルニア大学(バークレー校)経営大学院客員研究員としてグローバル・リーダーシップの研究を行う。三菱商事時代は、クアラルンプール支店食料・繊維・資材マネージャー、アメリカ食料子会社会長兼社長、本社人事部・国際人材開発室長、人事子会社取締役人材開発事業部長、インド冷凍物流合弁会社Executive Directorなどを歴任。
 NHK教育テレビ講師として、「イエスと言わせるービジネスマンの説得術」(1997年)、「英語ビジネスワールド-Lead!-The MBA Way-」(2000年10月~2001年3月)を担当。
著書は、「英語で読み解くハーバードAMP」(DHC)、「英語で学ぶMBAベーシックス」(NHK出版)、「英語で学ぶMBAの授業」(中経出版)、「プレゼンのプロが教える戦略的英語プレゼンテーション」(DHC)、「英語コミュニケーション戦略」(日興企画)、等多数。


【BBTの法人プログラムについて】
BBTの法人営業本部は「世界で活躍するグローバルリーダーを育てる」をモットーに、オンライン、集合研修等様々な手法でマネジメント研修プログラムの企画・提供をしており、延べ1,000社以上の企業への導入実績を持つ。研修プログラムは、BBTの約10,000時間という膨大なオンライン教育コンテンツの蓄積と、BBT独自開発のオンライン教育システム(AirCampus®)を利用し、若手から経営幹部層まで企業の状況やニーズに合わせて設計される。多数の法人企業の研修設計に携わってきた経験を最大限に生かして若手人材から管理職までの階層に合わせた教育コンテンツを、オンライン、集合研修等体系的なプログラムで提供している。
特に法人営業2部は、グローバルビジネスに特化したコンサルティングや教育コンテンツの提供を主に行っており、異なる言語、異なる文化を背景とする人々の中でどのようにビジネスをけん引し、結果を出すかという点に特化したコンサルティングや、グローバル人材を育成する研修プログラムの企画・提供を行っている。


【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。東証マザーズ上場10周年、BBT大学大学院開学10周年、経営学部設置5周年にあたる2015年は、設立当初より全く新しい教育の形を提案し続けてきた姿勢をさらに発展させ、独自のIT技術を駆使した最先端の教育の提供を目指す。
在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。 http://www.bbt757.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビジネス・ブレークスルー >
  3. 〈人事ご担当者向け〉セミナーのご案内:CQ (Cultural Intelligence:カルチュラル・インテリジェンス)~グローバルで活躍するリーダーに求められるCQとは~