アイレット、5G/IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」のオープンに伴い、スクラム手法によるアジャイル開発でKDDI共同チームに参画

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービス「cloudpack(クラウドパック)」と、アプリケーション開発などを手掛ける「システム開発事業」を提供するアイレット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 将平、以下 アイレット)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)が2018年9月5日に東京都・虎ノ門にオープンした5G、IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」において、「KDDI DIGITAL GATE」のアジャイル開発センターのKDDI共同チームに参画します。これまで培ったインフラ構築から運用、さらに開発技術でお客様のPoC(Proof of Concept:概念実証)を実施し、新規ビジネスの商材化までワンストップで支援します。


「KDDI DIGITAL GATE」は、アジャイル開発が可能なKDDIの専門チームに加え、高度な専門性を持つパートナー企業で構成されるプロフェッショナル集団との共創により、「気づく」「創る」「学習し改良する」を迅速に回転させ、5GやIoT時代における市場価値の高いサービスをいち早く提供していきます。「KDDI DIGITAL GATE」では、最初に見学ツアーを通じてお客様に最新のテクノロジーを体験していただき、サービスイメージを醸成していただきます。その後、ユーザーインタビューやワークショップを通して、お客様の滞在的な課題を発見し、市場価値の検証を行います。次にMVP(Minimum Viable Product: 実用最小限の製品)となるプロトタイプを作成し、評価・改善を繰り返した後、アジャイル開発を実践するKDDI共同チームによる本格的なプロトタイプ開発とPoCを行いながら、お客様のサービスを共創します。

アイレットが運営するAWSの導入・設計から運用保守を含むフルマネージドサービス「cloudpack」は、導入企業1,200社・2,500プロジェクト(2018年8月末時点)を超える実績を持っています。さらに、AWSパートナーネットワーク(APN)において最上位のAPNプレミアコンサルティングパートナーとして6年連続で認定されています。アイレットの事業領域は、AWSを中心とするクラウド基盤の構築・運用だけではなく、AWS上で稼働するアプリケーションの開発まで拡大し、IoT分野においてKDDIと共にさまざまな開発案件を手がけています。「KDDI DIGITAL GATE」においては、AWSの構築・運用サポートから、コンテナ技術、ブロックチェーン、Ionic(アイオニック:モバイルアプリケーションを開発するためのフレームワーク)など新しい技術を積極的に取り入れた開発を押し進めるほか、アイレットが実践しているスクラム手法によるアジャイル開発でスピーディなPoCを実現しながら、これまで培ったノウハウを最大限に活かしてお客様の新規事業創出に貢献してまいります。

                                                 以上

【アイレット株式会社 会社概要】

 会社名:アイレット株式会社 https://www.iret.co.jp/ 
設立:2003年10月
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階・24階(7階受付)
代表者:代表取締役社長 齋藤将平
資本金:7,000万円
主要株主:KDDI株式会社
事業内容:Webシステム開発、クラウドを活用したインフラ設計・構築・運用、スマホアプリ(iOS/Android)開発・運用

※アマゾン ウェブ サービス、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイレット株式会社 >
  3. アイレット、5G/IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」のオープンに伴い、スクラム手法によるアジャイル開発でKDDI共同チームに参画