生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発3社で連携して提供を開始

~PLCデータの収集、加工、自動分析、診断、可視化環境のスピード構築が可能に~

報道関係各位

                                            2018年5月7日
                                  東京エレクトロン デバイス株式会社
                                株式会社金沢エンジニアリングシステムズ
                                     ウイングアーク1st株式会社

 東京エレクトロンデバイス株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)、株式会社金沢エンジニアリングシステムズ(本社:石川県金沢市、代表取締役:西川 修、以下「KES」)、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:内野 弘幸、以下「ウイングアーク」)は生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発し、2018年5月7日より連携して提供を開始します。


                   【IoT&AI化ソリューション図】              

 

 

◆背景と概要
近年、製造業の現場ではIoTを活用した生産設備の異常検知や故障予測などの予知保全への関心が高まっています。しかしながら、予知保全の実現には、多種多様な機器からのデータ収集、可視化、分析による設備の状態判別、一連の処理を実行するためのシステム化が必要になるものの、その実現にかける時間、コスト負担がユーザーに重くのしかかり、IoT活用のハードルが非常に高いのが現状です。

生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションは、TED、KES、ウイングアークの持つ「PLCデータ連携・制御」「データ自動分析」「データ可視化」の技術を相互に連携し、データ収集環境の構築、設備の状態診断、可視化までを開発なく、一気通貫で構築することが可能です。生産現場で多く使用されているPLCから収集したデータを工場内で自動分析・学習・モデル生成、実行し、生産設備の状態診断結果をクラウドで可視化することで、エッジコンピューティングとクラウドサービスの両方の利点を活かした効率的なシステムを実現できます。

◆3社の協力体制
PLC連携、制御をKESが、データ分析の自動化をTEDが、データの可視化をウイングアークが担当します。今後3社では、本ソリューションを広く展開し製造業のIoT活用の推進に貢献してまいります。

◆IoT&AIシステム構築ソリューションについて
PLCデータの収集、加工、自動分析、診断、可視化までをワンストップで提供するIoT&AIシステム構築ソリューションです。

【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。

  【株式会社金沢エンジニアリングシステムズについて】
金沢エンジニアリングシステムズは、組込みソフトウェア開発に特化した独立系ソフトウェアハウスです。民生家電品、産業機器、カーエレクトロニックスから環境事業と多分野に貢献しています。

【ウイングアーク1st株式会社について】
帳票基盤ソリューション「SVF」、BI製品「Dr.Sum」「MotionBoard」のソフトウェアとクラウドサービスを提供し、企業の価値を高める情報活用をご提案しています。

※このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京エレクトロン デバイス株式会社 >
  3. 生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発3社で連携して提供を開始