プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社baton
会社概要

QuizKnockの須貝駿貴が高エネルギー加速器研究機構主催「小林・益川理論50周年記念講演会」でパネルディスカッションに登壇しました

株式会社baton

株式会社baton(東京都品川区、代表取締役 衣川洋佑)が運営するQuizKnockの須貝駿貴は、2月18日(土)、高エネルギー加速器研究機構(KEK)主催「小林・益川理論50周年記念講演会〜なぜ、人類はこの宇宙に存在しえるのか -対称性のほころびの不思議さ- 〜」に登壇しました。第2部のパネルディスカッションにてファシリテーターを務め、第1部の講演内容を掘り下げたり、教授陣に質問を投げかけたりしました。

 東大クイズ王・伊沢拓司率いるQuizKnockの須貝駿貴が、2月18日(土)に一橋講堂で開催された「小林・益川理論50周年記念講演会〜なぜ、人類はこの宇宙に存在しえるのか -対称性のほころびの不思議さ- 〜」に登壇しました。

写真提供:KEK写真提供:KEK


 本講演会は、1973年に小林誠氏と益川敏英氏により提唱された「小林・益川理論」の論文発表50年を記念した、高エネルギー加速器研究機構(以下、KEK)主催の講演会です。

QuizKnockとKEKはこれまで、「KEK presents 夏休みオンライン授業 ナイスガイの須貝と考える科学者への一歩目(https://www.kek.jp/ja/event/20210713/)」や「QuizKnock 須貝駿貴と行くKEK見学ツアー!(https://web.quizknock.com/kek-tour)」など、さまざまなコラボを通して科学の魅力を発信してきました。


 今回、国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーターでもある須貝は、第2部のパネルディスカッションにファシリテーターとして登壇しました。総合司会の黒田有彩氏とともに、第1部で行われた小林誠氏(KEK特別栄誉教授、名古屋大学特別教授)、大栗博司氏(東京大学カブリIPMU機構長)、山内正則氏(KEK機構長)の講演内容について掘り下げたり、第2部から登壇した市川温子氏(東北大学教授)、中浜優氏(KEK准教授)を含めた教授陣に質問を投げかけたりしました。


写真提供:KEK写真提供:KEK


 黒田氏から第1部の感想について問われた須貝は、「6ページしかない論文というのがやはり驚く。最低限の枚数で一番重要なことが書かれているものがおしゃれな論文なのだと感じた」とコメントしました。また、小林氏が「小林・益川理論」が実証された当時の心境について「理論が実証されない方が大発見になるという雰囲気が(業界には)あった。次に進むための新しい手がかりを得るためには、実証されてほしくないという気持ちも半分くらいあった」と吐露すると、ほかの教授陣が「初めて知りました(笑)」とリアクションし、会場から笑いが起こる場面もみられました。そのほか、実験を用いた研究を専門とする教授陣と、理論物理学を専門とする教授陣がそれぞれの視点から意見を交換するなど、パネルディスカッションは終始活発な雰囲気で進行しました。


写真提供:KEK写真提供:KEK


 終盤では、事前に10代・20代の方から寄せられた質問をいくつか取り上げました。「化学式などの目に見えないものをリアルにイメージするコツなどはありますか?」といった実践的なものから、「何もない ”無” とは何なのか」といった抽象的なものまで実に幅広い質問が寄せられ、教授陣が頭を悩ませる場面もありました。

 最後には、須貝が「先生方が苦労のすえに理論にたどり着いているということを改めて感じた。先生に直接お会いしてこうしたお話を聞くことの良さを実感した時間だった」とコメントし、パネルディスカッションは盛況のうちに幕を閉じました。


 なお、今回の講演会の模様は、YouTube「KEKチャンネル」にてご覧いただけます。


■第1部 講演 (https://youtu.be/iOBJsOJBWYA



■第2部 パネルディスカッション(https://youtu.be/fmqis_zDy94




  • QuizKnockとは

QuizKnock(クイズノック)は、東大クイズ王・伊沢拓司が中心となって運営する、エンタメと知を融合させたメディア。「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、何かを「知る」きっかけとなるような記事や動画を毎日発信中。YouTube(https://www.youtube.com/c/QuizKnock)チャンネル登録者は198万人を突破。(2023年3月時点)


  • 株式会社batonとは

株式会社batonはビジョンである「遊ぶように学ぶ世界」を実現するために、遊びと学びをつなげる各種サービスの運営を行っています。現在の主力サービスは「楽しいからはじまる学び」をコンセプトとしたQuizKnock。


・森羅万象にクイズで楽しく触れられるWebメディア

・エンタメと知を融合させた動画コンテンツを提供するYouTubeチャンネル

・直感的な楽しみを通じて知力を鍛えるゲームアプリ


の3つの事業についてコンテンツ制作や運営を行っています。また、昨日よりも楽しく・知的な人生をおくるきっかけ作りの一環として、書籍の刊行やイベントの開催、学校での講演活動などにも積極的に取り組んでいます。


【会社概要】

社名:株式会社baton

設立:2013年10月

代表取締役:衣川洋佑

コーポレートサイト:https://baton8.com/


▼本件に関するお問い合わせはこちら

株式会社baton 広報チーム qk_support@baton8.com

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
化学
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社baton

36フォロワー

RSS
URL
https://baton8.com/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
東京都品川区
電話番号
-
代表者名
衣川 洋佑
上場
未上場
資本金
-
設立
2013年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード