プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社overflow
会社概要

52.8%が、「デジタル人材の業務がChatGPTなどのAIに代替される」と回答

〜ChatGPT利用経験者305名に聞いた「デジタル人材の意識調査レポート ChatGPTが与える業務への影響」を公開〜

(株)overflow/Offers

株式会社overflow(本社:東京都港区、代表取締役: 鈴木裕斗・田中慎 以下、overflow)が運営する「Offersデジタル人材総研」(所長:久松剛)にて、ChatGPT利用経験者305名に実施した「デジタル人材の意識調査レポート ChatGPTが与える業務への影響」を公開したことをお知らせします。
▼レポート全文はこちらから
https://bit.ly/41jXQOW

  • 調査背景

近年、ChatGPTなどのジェネレーティブAIへの注目が高まっています。ChatGPTとは、米国の企業であるOpenAI社が開発した人工知能(AI)を使ったチャットサービスです。本技術は開発業務への影響も大きく、ソースコードの出力や自身が書いたソースコードの添削、定型的な要件定義まで実現できるようになりました。こうした影響から「自身の仕事がAIに代替されるのではないか」という声も伺うようになりました。

そこで本レポートでは、I️Tエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers」利用者へのアンケート調査を実施し、デジタル人材自身がどのようにAI技術の進化を捉えているのかについて明らかにしていきます。


  • 調査概要

・調査対象:下記の条件に合致した305名

  ・Offers登録者 

  ・ChatGPTの利用経験がある

・調査期間:2023年4月上旬

・調査方法:アンケート調査

・調査機関:デジタル人材総研

・調査項目 :※調査レポート内にて全て記載

  1. ChatGPTをいつから利用しているか

  2. ChatGPTを何に利用したか

  3. 他の人におすすめしたい使い方は

  4. ChatGPTに対するイメージ

  5. ChatGPTに期待すること

  6. ChatGPTなどの登場により働き方に変化はあったか

  7. 自身の業務がAIに代替されると思うか

  8. どのような点で影響があると感じるか


  • 調査サマリ

  1. 43.0%が、2022/11-2023/1(テスト版リリース、ユーザー100万人突破)からChatGPTを利用

  2. 90.2%が、ChatGPTの登場はポジティブと回答

  3. 業務がAIに代替されるかどうかについて、52.8%が影響があると回答

  4. ChatGPT活用者の62.3%が、業務上の調べ物に活用したと回答


  • 調査詳細

  1. 2022/11-2023/1(テスト版リリース、ユーザー100万人突破)のタイミングからChatGPTの利用を始めたデジタル人材が43.0%

  1. ChatGPTへの印象に対し、ポジティブという回答は90.2%

  1. 業務がAIに代替されるかどうかについて、影響があるという回答は52.8%

  1. ChatGPT活用者の62.3%が、業務上の調べ物に活用したと回答


▼レポート詳細はこちらから

https://bit.ly/41jXQOW


  • 「Offersデジタル人材総研」について

Offersデジタル人材総研は、デジタル人材の採用・定着・活躍に関する情報提供を通じて、人材循環型社会の実現を目指す研究機関です。当総研では、ITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers(オファーズ)」を提供しており、全国で20,000人のデジタル人材に利用いただいています。当総研ではこの「Offers」内のデータを活用し、情報として発信することで、デジタル人材の情報をタイムリーに発信を行い、企業の課題解決に貢献します。


  • ITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers(オファーズ)」とは

「Offers」(https://offers.jp/)は、エンジニア・デザイナー・PdMなど、プロダクト開発に携わる人材に特化した副業・転職サービスです。Offers登録者へのオファー送信や、「Offers Jobs」への求人掲載を通して、企業とプロダクト開発に携わる人材との出会いを創出し、個人のキャリアや事業の成長を支援しています。2019年9月に正式リリースし、2022年12月時点で全国2万人を超えるプロダクト開発人材に活用いただいております。

●Offersに関する情報はこちら
 ・「働くを楽しく」するマガジン:http://offers.jp/media
 ・副業・転職のための求人サイト 「Offers Jobs」:https://offers.jp/jobs
 ・デジタル人材に関する調査機関「デジタル人材総研」:https://hr-lab.offers.jp


  • プロダクト開発組織の生産性を最大化するサービス「Offers MGR(オファーズマネージャー)」とは

「Offers MGR」(https://offers-mgr.com/lp)は、プロダクト開発組織の生産性向上を最大化するサービスです。SlackやGitHub、Figmaなど、開発業務で利用するサービスからデータを抽出し、個人やチームのアウトプットを可視化することで、作業効率の見直しや個々のモチベーション管理に役立てることができます。さらに、ITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers」と連携することで、雇用形態別でのメンバーのコミットメントが可視化され「副業転職」の支援も実現します。


・現在データ連携が可能なSaaS:Github、JIRA、Slack、Notion、Figma

・上記以外のSaaS連携を希望される方はお問い合わせください:https://share.hsforms.com/1z-eOOPE0QXuHPSrZ5_HIoQ3rs27


  • 株式会社overflowとは

株式会社overflow(https://overflow.co.jp/)は、2017年6月に設立し「時間をふやす」をVisionに掲げ事業を展開しています。2019年9月にはITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers」の提供を開始し、「働く」において誰もが自由な選択を持ち、自分にとって幸せだと感じる時間をふやす支援を行っています。

●overflowに関する情報発信はこちら
 ・採用情報:https://jobs.overflow.co.jp/
 ・overflow Culture Deck:https://speakerdeck.com/overflowinc/zhu-shi-hui-she-overflow-culture-deck
 ・podcast「overflow fm」:https://anchor.fm/overflowinc
 ・note「株式会社overflow Culture Note」:https://note.com/overflow_inc


  • 株式会社overflow 会社概要

・会社名:株式会社overflow

・所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目1番21号 新虎ノ門実業会館 5F

・代表取締役:鈴木 裕斗・田中 慎

・設立:2017年6月9日

・資本金:2億880万円

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
ネットサービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

(株)overflow/Offersのプレスキットを見る

会社概要

株式会社overflow

23フォロワー

RSS
URL
https://overflow.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区虎ノ門1丁目1-21 新虎ノ門実業会館5F
電話番号
-
代表者名
鈴木裕斗・田中慎
上場
未上場
資本金
2億880万円
設立
2017年06月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード