日本人選手が男女ともに優勝! 「グアムココハーフマラソン&駅伝リレー2014」

2014年10月19日(日)大盛況のうち無事終了!

 グアム政府観光局が主催するグアムで唯一のマラソン&駅伝レース、『グアムココハーフマラソン&駅伝リレー2014』が10月19日(日)に開催され、晴天のもと大盛況のうちに終了しました。今年で開催9回目を迎える本大会は、ハーフマラソン1,145名、(うち日本からの参加は287名)、駅伝には231チーム920名(うち日本からの参加は28チーム112名)の2,065名が参加しました。

 結果は、男子・総合は、東京都の河原井司さん(写真左上)が1時間13分30秒で2年連続の優勝を飾りました。女子・総合も昨年優勝者の兵庫県の上谷聡子さん(写真右上)が1時間23分2秒で昨年のタイムを43秒縮め2年連続1位に輝きました。また、男女とも2位、3位ともに日本人選手が入賞し、表彰台を独占しました。

 4区間20.2キロを走る駅伝部門では地元グアムのTeriyaki Boysチームが1時間24分34秒のタイムで優勝を果たしました。

 また、姉妹レースの『佐渡トキマラソン』、『日刊スポーツ 豊平川マラソン』からも招待選手がそれぞれ参加されました。表彰式では『佐渡トキマラソン』代表団の花角英世 新潟県副知事より『新潟県知事賞』がハーフマラソンの優勝者に贈呈され、キャラクター「サドッキー」とともに、グアム島民に新潟のPRを致しました。同じく姉妹レースの『手賀沼エコマラソン』からの賞品や、メインスポンサーのユナイテッド航空からの航空券など、ランナーへの賞品も盛りだくさんでした。

 今回の大会には、TOKYO GIRLS RUN*に所属するタレントの 水沢アリーさんと横地尚子さんもハーフマラソンに参加。横地さんは、女子総合18位となる1時間51分33秒の好タイムでゴール。水沢さんは、自身初の長距離レースへのチャレンジでしたが、2時間24分6秒という結果で無事完走しました。完走した水沢さんは、「こ~んな感動があるなんて知らなかった。もう、絶対に、また走りたい!運動も全然したことがなかったし、マラソンも初めてだったけど。みんなに支えられて、ゴールできて、初めてきたグアムもすごくいいところで、もう、いい思い出しかありません!」と、コメントされました。

 大会当日は、天気が良好だったことも後押しし、昨年以上に会場は選手の熱気で盛り上がり、地元の参加選手、日本からの参加選手がレース後のひとときを楽しみました。

*TOKYO GIRLS RUN (TGR)とは
 史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクショ」のン出演モデルをメンバーにむかえ、女のコのランニングカルチャーをリードするランニングチームとして2012年4月よりスタートし、ランニングだけでなく、ゴルフ、フィットネス、アウトドア、バレーボール、テニス、サイクリングなどライフスタイルの中でできる様々なスポーツの応援もしています。

スタートの瞬間(駅伝)

朝焼けの海沿いコース(ハーフマラソン)

駅伝中継ポイント

完走後の横地尚子さんと水沢アリーさん

良い天候に見舞われた今回のレース

表彰式では「サドッキー」と「ココバード」の共演も

【グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー2014 開催詳細】
■大会名称:(日本語)グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー2014
   (英語)GUAM KO’KO’ HALF MARATHON and EKIDEN RELAY
■開催日時:2014年10月19日(日)
ハーフマラソン5:00AMスタート、駅伝リレー5:15AMスタート
■主催  :グアム政府観光局
■協賛  :ユナイテッド航空、パシフィック・アイランド・クラブ・グアム
■参加者数:2,065人(うち日本人:399人  19.3%)
ハーフマラソン 1145名/駅伝 920名(231チーム)

グアムココハーフマラソン&駅伝リレー2014の名称は、グアム島の鳥「Ko’ko’ Bird(ココバード)」に由来しています。ココバード(別名:グアムクイナ)は、地上に巣を作る、飛べない鳥としても知られ、近年は絶滅の危機に瀕しています。レースのエントリー料金の一部は、ココバードの保護活動に使用されます。

【入賞者記録】
<ハーフマラソン総合優勝者:男子>
優勝:河原井司(東京都渋谷区) 1時間13分30秒
2位:小泉淳(埼玉県川越市) 1時間13分42秒
3位:定房敏明(福岡県京都郡)1時間14分52秒

<ハーフマラソン総合優勝者:女子>
優勝:上谷聡子(兵庫県神戸市) 1時間23分2秒
2位:谷舞子(兵庫県神戸市)1時間26分18秒
3位:山口李枝(東京都豊島区)1時間29分4秒

<駅伝:総合>
優勝:Teriyaki Boys(グアム)1時間24分34秒
2位:Okkodo #Shift Team(グアム)1時間25分37秒
3位:Triton Warriors(グアム)1時間25分43秒

・横地尚子さん  (TOKYO GIRLS RUN)1時間51分33秒 (ハーフマラソン)
・水沢アリーさん (TOKYO GIRLS RUN)2時間24分06秒 (ハーフマラソン)

  1. プレスリリース >
  2. グアム政府観光局 >
  3. 日本人選手が男女ともに優勝! 「グアムココハーフマラソン&駅伝リレー2014」