三井住建道路の作業服が新たにミズノ製に

機能性・デザイン性の向上により職員の就業環境の向上を図る

ミズノは、三井住建道路株式会社(東京都新宿区余丁町13番27号 社長:松井隆幸)が2020年8月に導入する新作業服を作成しました。
働き方改革の一環として職員の就業環境の向上を図るために、機能性・デザイン性を重視し、より高いパフォーマンスを提供していくことに繋がることを目的に採用されました。


リニューアルにあたって
現在着用している作業服は作成から17年経過しており、今回、機能性・デザイン性をより高めるため、スポーツ用品開発で培った技術や知見を活用したユニフォームを製造するミズノに作成依頼がありました。機能・デザインについては、職員からアンケートを実施し、汚れの目立ちにくさ、着心地、吸汗速乾性など職員の希望・要望を反映しました。

機能面(設計・素材)
スポーツの分野で培った動きやすいパターン設計『ダイナモーションフィット』※により、手を上げる、腕を回す、しゃがむなどの動作に対し、ウエアのツッパリを抑制し、作業効率をアップします。また、『ミズノデオドラント』を襟元と脇、股下に使用し、汗の臭いを抑制します。シャツの背中には再帰反射のラインを入れることで、夜間の視認性も向上させています。
ブルゾンとパンツは、春夏は制電+軽量感、秋冬は制電+ストレッチ性のある素材のジャケットとパンツを使用するなど、シーズンによって素材を使い分けています。シャツは、通年使用できるように吸汗速乾性に優れたニット素材を使用するなど、素材面での機能性も考慮しています。

※人間工学に基づき、動きやすさを追求したウエア設計。引きつれや圧迫感を軽減し、身体の自由な動きをサポートします。
 


デザイン面
誠実さや調和、知的さを象徴するネイビーを基調に、お客様に対して更なる信頼感、安心感を持っていただける清潔感のある配色パターンにしています。汚れが目立ちやすい衿や袖口にはネイビーを配置し、常に携帯している野帳がしっかりと収まる大き目のポケットにするなど、リニューアルする上でのいくつかの課題点も解決したデザインになっています。
シャツについては、前立部分を配色にし、ボタンダウンや袖口をカフス仕様にするなど、すっきりとした見え方になるような工夫をしました。

 
(お客様のお問合せ先)
ミズノお客様相談センター 0120-320-799
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミズノ株式会社 >
  3. 三井住建道路の作業服が新たにミズノ製に