「鬼平」「剣客商売」「仕掛人」― 池波正太郎が描いたリアルな江戸の街路を、古地図と現代地図を通じて新たに読み解く!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年3月10日(木)に、『池波正太郎を“江戸地図”で歩く』を刊行いたしました。

 

平成27年に没後25年を迎えた作家・池波正太郎。彼は、東京の下町(浅草)に生まれ、そこで体験した幼少期以来の記憶や、その後、江戸の古地図(切絵図)などを持って東京の町を散策した中から、その独自の時代小説の世界を生み出してきました。
本書では、そんな池波時代小説の世界を、彼がこだわった江戸切絵図と、その対照現代地図なども駆使して、今昔にわたってビジュアルに解説し、これまでにない読み解き方、エピソードなどを、より興味深く紹介。「池波時代小説」の魅力を再発見していきます。

 


【著者プロフィール】
壬生 篤(みぶ あつし)
作家・編集者。東京生まれ、東京都立大学卒。漫画雑誌編集、雑誌『荷風!』編集長等を経てフリーに。江戸・東京の歴史案内、文芸評などを専門として執筆・編集を手がける。近著に『昭和の東京地図歩き』、『「鬼平」と江戸の町』(ともに廣済堂出版)、コミックス『文豪の食彩』(原作を担当/日本文芸社)などがある。

【書籍概要】
書 名:『池波正太郎を“江戸地図”で歩く』
著 者:壬生篤
仕 様:A5判、176ページ
定 価:1500円+税
配本日:2016年3月10日(水)
ISBN:978-4-416-51696-6

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店:http://bit.ly/1pGyXKT
楽天ブックス:http://bit.ly/1SsmioK
ヨドバシ.com:http://bit.ly/1pGz1KJ
Amazon:http://amzn.to/22W2rDi

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 「鬼平」「剣客商売」「仕掛人」― 池波正太郎が描いたリアルな江戸の街路を、古地図と現代地図を通じて新たに読み解く!