「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」発売5か月で4,200万本を突破!

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)が紅茶飲料のNo.1ブランド※1「キリン 午後の紅茶」から、3月26日(火)に発売した「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」は、発売から5か月で4,200万本※2 を突破しました。当初予定の3倍を上回るペースで大変好調に推移しています。
※1 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2018年出荷箱数実績)
※2 8月28日時点、175万ケースを突破

「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」は、働く大人の気分転換にふさわしい、こだわり品質の新シリーズ第1弾商品として発売した、甘くない※3微糖ミルクティーです。

※3 「キリン 午後の紅茶 ミルクティー」比

「午後の紅茶」はこれからも“上質な休息”をもたらすブランドとして、新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案することで、お客様の生活に欠かせない飲料となることを目指します。

<好調の要因/今後の施策>

■女性からの“甘くない微糖ミルクティー”への支持と高いリピート率
「午後の紅茶」ブランドの“甘くない微糖ミルクティー”という商品コンセプトが受け入れられ、 特に女性の購入本数が多く、リピート率も高くなっています。甘さ・糖離れ志向の 30 代~ 40 代女性 から 高い支持を得ています 。

 

■「紅茶派」をメッセージにしたTVCM

深田恭子さんを起用し、「紅茶派」をキーメッセージにしたTVCMは、「新しい午後ティーを飲んでみたい!」「おいしそう」などの反響があり、商品認知とトライアルにつながっています。9月2日(月)から放映するTVCMでは、最後に「4,000万本突破」を訴求し、さらに好調感を伝えていきます。


■「ザ・マイスターズ ミルクティー」を使ったタピオカミルクティー

専門店が続々とオープンするなど話題のタピオカミルクティーを家庭でも楽しまれる方が増えています。キリンビバレッジTwitterアカウントや店頭POPでも「ザ・マイスターズ ミルクティー」を使ったタピオカミルクティーを紹介しており、色々な飲み方で楽しまれています。

■8月30日(金)よりTwitterキャンペーン実施
4,000万本を突破したことを記念し、キリンビバレッジTwitterアカウントをフォローし、キャンペーン対象のツイートをリツイートすることで、「ザ・マイスターズ ミルクティー」1ケース(24本入り)が100名様に当たります。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

-記-
1.商品名                 「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」
2.発売地域                    全国
3.発売日                 2019 年3月26日(火)
4.容量・容器                 500ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格)   140円
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キリンビバレッジ株式会社 >
  3. 「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」発売5か月で4,200万本を突破!