世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』にYogiboが冠スポンサー契約を締結

イベント開催日:2022年11月29日(火)・30日(水)

Yogiboを展開する株式会社Yogibo(代表取締役社長 木村誠司、以下:当社)は、2022年11月29日(火)・30日(水)に京セラドーム大阪で開催される世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』(企画運営:株式会社CJ ENM)の冠スポンサー契約を締結いたしました。これに伴い、本授賞式は『2022 MAMA AWARDS Presented by Yogibo』として開催することが決定いたしました。

  • MAMA AWARDSについて
 1999年に第1回目の授賞式「Mnet映像音楽大賞」として開催。2009年に「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」に改称し、約23年間K-POPを牽引している授賞式です。CJ ENMは、K-POPの影響力がアジアからグローバルに拡大するなどグローバル音楽市場の変化に合わせ、2022年より「MAMA AWARDS」にリブランディングし、アジアを越えて世界最大級のK-POP授賞式に進化させ開催することが決定いたしました。
 リブランディング後初めて行われる『2022 MAMA AWARDS』は、日本の「京セラドーム大阪」で11月29日から30日まで開催されます。約4万人が収容できる「京セラドーム大阪」はすでに多数のK-POPアーティストがコンサートを開催しており、国内外のK-POPファンには馴染みのある場所です。MAMA史上初の2日間開催ということもあり、さらに期待を集めている授賞式です。
 
  • 冠スポンサー契約締結の背景
 日本は米国に次ぐ世界2位の音楽市場※1であり、さらにK-POP輸出国1位※2の国となっております。また、K-POPは米ビルボードをはじめ世界各国の音楽チャートにたびたび入賞するなど、韓国や日本のみならず、いまやグローバル規模で注目を集めるPOPカルチャーです。その中でも「MAMA AWARDS」は、世界中のファンの投票と公正な審査を経て授賞が決まる授賞式であり、その年に最も活躍したトップアーティストが一同に会する世界中のK-POPファンが注目するグローバルイベントです。
 『2022 MAMA AWARDS』では「K-POP WORLD CITIZEN」というコンセプトを通じて、境界を越えて全世界が共感し、一つの声を出せる音楽のちからと音楽が伝える善良な影響力を見せてくれると発表しました。

 一方でYogiboは、多種多様なカラーとサイズを展開し、用途に沿った自由な形に変形して全身を包み込む魔法のソファで、自分自身や家族などYogiboを通してポジティブな影響を与えることを目的としたブランドです。「最先端」「革新的」「ファッショナブル」などYogiboを構成するブランドキーワードと「MAMA AWARDS」の持つポテンシャルは親和性があります。さらに、今年度からグローバル展開へとリブランディングする方針を掲げている「MAMA AWARDS」は、既にグローバル展開をしているYogiboのブランディング・マーケティングにもポジティブな影響をもたらす期待があることから、このたび協賛する運びとなりました。

※1 出典:IFPI Global Music Report 2022
※2 出典:韓国関税庁発表資料 貿易統計(2022年1月)
 
  • イベントロゴ

左:コンポジットロゴ 右:ロゴアートワーク左:コンポジットロゴ 右:ロゴアートワーク

 
  • Yogiboについて
 ビーズソファをはじめインテリア家具・生活雑貨などリラックスアイテムを取り扱うライフスタイルブランド。Yogiboのビーズソファは従来型のビーズクッションとは異なり、1つでベッド・ソファ・リクライニングチェアなど、用途に合わせて形状を自由に変化させることができます。デザイン性も高い最先端のインテリアとして、ご自宅だけでなくホテルや温泉旅館、キャンプやグランピング施設、オフィスでのビジネスシーンなど、様々な場所で活用頂いています。現在、世界で展開しております。
 
  • スポンサー活動について
 日本国内においては、日本中を熱狂させた世紀の一戦「THE MATCH」の冠協賛や、日本初の女性プロサッカーリーグ「WE リーグ」のタイトルスポンサー、プロe スポーツチーム「REJECT」メインスポンサー、世界最大のアクションスポーツ大会「X Games Chiba 2022」への冠協賛など数々の活動を行っております。
Yogibo パートナーシップ:https://yogibo.inc/csv/
 
  • サスティナビリティ活動について
聴覚や視覚など感覚過敏の症状がある人でも安心して落ち着いた環境でスポーツ観戦を楽しむことができる「センサリールーム」のプロデュース・普及活動、引退競走馬の支援活動、里親支援活動、被災地への支援活動など、持続的な社会課題の解決を共に目指す「TANZAQ(タンザク)」プロジェクトなど、社会への貢献を通して“ストレスのない社会を実現する”ことを目指し様々な活動をしております。
Yogibo social good 「TANZAQ(タンザク)」:https://tanzaq.jp/
 
  • 会社概要
商号: 株式会社Yogibo
代表者 : 代表取締役 木村 誠司
所在地:〒541-0048 大阪市中央区瓦町3丁目6-5 銀泉備後町ビル2F
設立: 2002年2月1日
事業内容:
・快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo」の販売・運営 https://yogibo.jp/
・世界初エッグウィッチ専門店「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」の運営 http://eggwich.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Yogibo >
  3. 世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』にYogiboが冠スポンサー契約を締結