【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート~感染への恐怖心・意識の変化~ 5月15日(金)更新分

アベノマスク、届いている人でも使っていない人が8割弱

新型コロナウイルスによる社会混乱・経済影響を顧みて、生活者の意見を正確に伝えることがマーケティングリサーチ会社である株式会社アスマークとしての責務だと考え、調査レポートという形で世の中への価値貢献ができるよう、5月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する生活者の情報をお届けさせていただきます。

本調査レポートでは、日々変わる状況に対して、消費者の意識・実態がどのように変化しているのかを公開しています。
※全て首都圏(一都三県)在住の方500サンプルに対する更新日前日の調査データとなります。
※5月末まで継続調査することにしました。
【 調査結果 】
金曜日公開のテーマは「感染への恐怖心・意識」についてです。5月14日(木)の夜~5月15日(金)朝にかけての回答データです。土日を控え、感染への恐怖心や自分事として捉えているかどうかなど、意識がどのように変化したのか推移を確認します。

< 感染への恐怖心・意識 >

Q.「コロナウイルスの感染拡大」が騒がれておりますが、あなたのお気持ちに近いものをそれぞれお知らせください。(1つ選択)
■これまで最も意識が高かった60代女性が下降
1週間前から横ばいで推移しているものの、これまで最も高かった60代女性が下降にしていることから、全世代でマンネリ化が加速していくと思われる。
 

恐怖レベル恐怖レベル

自分事レベル自分事レベル



【 特別公開 】
< 政府の布製マスク(アベノマスク)受取状況 >

5/14(木)夜~5/15(金)朝にかけての回答データです。政府が支給している布製マスク(通称アベノマスク)ですが、品質の指摘や配送の遅延について話題となっています。実態として、一都三県ではどの程度の人に行き渡っているのか調べてみました。

Q.政府が支給している布製マスク(通称アベノマスク)は届きましたか。(1つ選択)
■アベノマスク、届いている人の中で使っていない人が8割弱
東京以外はほぼ届いていない状況。
また、届いている人の中でマスクを使用している人は2割強にとどまり、使っていない人が8割弱にのぼる。
既にマスクの供給が追い付いてきていることもその背景にあると考えれば、アベノマスクのニーズは低いといえる。
 

 

政府の布製マスク(アベノマスク)の受取状況政府の布製マスク(アベノマスク)の受取状況



< 一律10万円給付についての考え >

5/14(木)夜~5/15(金)朝にかけての回答データです。一律で給付される10万円について、マイナンバーでの申請方法が話題になっています。給付金の給付額・給付時期に対する意見を含め、申請状況について調査しました。
※前週からの推移を検証しています。

Q.一律10万円の給付についてお伺いします。あなたのお考えにあてはまるものをすべてお知らせください。(複数選択可)
■郵送での手続き予定者が増え、オンラインでの手続き予定者が減少
手続きをした人は1週間前から横ばいとなり、郵送での手続き予定者が増え、オンラインでの手続き予定者が減少。オンライン手続きの不備がニュースになったことが影響しているものと考えられる。
また、給付額が10万円では足りない人も1週間前より増えており、経済的な影響を受けている人が増えているためと推察される。
 

一律10万円給付についての考え一律10万円給付についての考え



■こちらから常にコロナの影響に関する調査の最新情報をご確認いただけます。
https://www.asmarq.co.jp/news/corona0403
※次回の更新は、2020年5月18日(月)を予定しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アスマーク >
  3. 【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート~感染への恐怖心・意識の変化~ 5月15日(金)更新分