カミュ『ペスト』(新潮文庫)が「Yahoo!検索大賞2020 小説部門賞」を受賞!

2019年には、小野不由美著「十二国記」が、同じく〈カルチャーカテゴリー 小説部門賞〉を受賞。新潮文庫は同部門において2年連続の受賞となりました。
本日(2020年12月9日)発表の「Yahoo!検索大賞2020」で、アルベール・カミュ『ペスト』(新潮文庫)が〈カルチャーカテゴリー 小説部門賞〉を受賞しました。
同賞は、ヤフーサイト内で2020年1月1日から11月1日までの期間、前年の同期間に比べて検索数が最も上昇した語を、パーソン(人物)、カルチャー(作品)、プロダクト(製品)、ローカル(地域)の4カテゴリーの各部門ごとに選出し、「今年の顔」として表彰するものです。
カルチャーカテゴリーには、アニメ部門、映画部門、ドラマ部門など6部門がありますが、活字文化では唯一の部門である小説部門を『ペスト』が受賞いたしました。


当該期間に小説としてよく検索され、前年同期間と比べて検索数が急上昇した作品が『ペスト』だったということになります。
カミュの『ペスト』は1947年にフランスで発表されました。フランスの植民地だった北アフリカのアルジェリアのオラン市を舞台に疫病ペストが蔓延していく中、人々がそれにどう立ち向かい、どう戦ったかを描いた長編小説です。カミュ33歳の時の作品で、不条理という概念を思想の中心に据えたカミュの真骨頂を示す名作として知られています。
『ペスト』刊行より10年後の1957年、カミュは戦後最年少43歳の若さでノーベル文学賞を受賞しました。邦訳版は創元社の編集長であった宮崎嶺雄の訳により1950年に刊行。新潮文庫には1955年にまず上下巻の形で収録され、1969年に現在のような一冊本の新版として刊行されています。
コロナ禍の中、あらためて注目を集め、今年2月以降12回にわたって合計36万4000部を増刷、新版の累計部数は96刷125万部となっています。 3月から5月にかけては全国主要書店の文庫部門ベストセラー1位にもランクインしており、翻訳小説の古典的名作がこのような形で脚光を浴びるのは異例のことです。
なお、昨年の「Yahoo!検索大賞2019」においては、新作『白銀の墟 玄の月』(小野不由美著、新潮文庫)が刊行された「十二国記」が、同じく〈カルチャーカテゴリー 小説部門賞〉を受賞しています。
同部門は新潮文庫から2年連続の受賞となりました。

《書誌情報》
【書名】ペスト
【著者/訳者】アルベール・カミュ/宮崎嶺雄
【書籍形態】新潮文庫
【本体価格】750円(プラス税)

《著者略歴》
アルベール・カミュ(1913-1960)
アルジェリア生れ。1942年小説『異邦人』などで「不条理」の哲学を打ち出し注目された。戦後に発表した小説『ペスト』がベストセラーに。1957年史上2番目の若さで、ノーベル文学賞受賞。1960年交通事故で死亡。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. カミュ『ペスト』(新潮文庫)が「Yahoo!検索大賞2020 小説部門賞」を受賞!