がん保険の累計支払証券数が400万件を突破

~累計支払金額8兆円を突破~


2020年11月20日

 アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)は、2020年10月末時点において、がん保険による累計支払証券数が400万件を、累計支払金額が8兆円を突破したことをお知らせいたします。

 当社は、1974年に日本で初めてがん保険を発売し、翌年5月に第1回目のお支払いを開始して以来、累計支払証券数が2002年に100万件、2009年に200万件、2015年に300万件を突破し、今般、45年間で400万件を超えるお支払いとなりました。なお、金額ベースでも累計8兆244億円となりました。

 1974年の創業当時は、がんは不治の病として恐れられ、話題にすることもはばかられた時代でした。それでも、がん保険が日本の社会に受け入れられ、多くのお客様のご支持を得られたのは、大勢の方々ががんで苦しんでいるという現実があったからにほかなりません。
 当社は、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という創業の想いを大切にしながら、多くの方々の「生きる」を創る保険会社として、これからもさまざまな社会的課題に向き合い、社会と共有できる価値の創造(CSV※経営)に努めていきます。
                                     ※Creating Shared Value

      【年別(1~12月)累計支払証券数・累計支払金額の推移(2020年10月末時点)】








 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アフラック生命保険株式会社 >
  3. がん保険の累計支払証券数が400万件を突破