テレワーク推進のプロ 湯田健一郎氏が語る!2021年版「社内コミュニケーション」と「チームビルディング」の成功例

人事・総務、マネジメント層向け 新しい働き方を考えるウェビナー〈第一弾〉

“日本全国に料理と飲み物を1箱にしたフードボックス”をお届けする『nonpi foodbox™』を展開する株式会社ノンピ(本社:東京都港区、代表取締役社長 :柿沼寛之)は、2021年6月15日(火)に「 新しい働き方を考えるウェビナー〈第一弾〉」を開催いたします。

 

  • 新しい働き方を考え、次代を担う企業となるために
テレワーク=在宅勤務という認識の方も多いかもれしませんが、モバイルワークやサテライトオフィス勤務もテレワークのひとつです。コロナによってテレワークを導入した企業は増え、先進的な企業では柔軟な働き方の更なる組合せやコミュニケーションの工夫が更に進んでいます。ニュースでは在宅勤務の功罪について聞くこともありますが、実際に導入している企業の実情はどうなのでしょうか。
そこで、ノンピは「新しい働き方を考えるウェビナー〈第一弾〉」を開催することにしました。

本ウェビナーでは、テレワークのメリットやよくある課題、また課題解決のための方策を解説しつつ、世界の情勢や今後の組織デザインに役立つ情報なども交えてお伝えします。
今回は、『総務省テレワークマネージャー』や『東京テレワーク推進センターの統括責任者』でもあり、自らも8つの名刺を持ちパラレルワークを実践している湯田健一郎氏を登壇者に迎えます。

「社内コミュニケーション」や「チームビルディング」へ悩みを抱える総務・人事やマネジメント層、まだテレワークの実施が出来ていない企業など、働き方を考える人にとって役立つ情報が盛りだくさんなウェビナーです。
また、ノンピは継続的に「新しい働き方を考えるウェビナー」を開催し、悩みを抱える企業の役に立ちたいと考えており、今後は企業様を招いたトークセッションなども予定しております。
  • 【参加費無料】ウェビナー概要

 

 

【開催日時】
2021年6月15日(火)18:00-19:15

【参加費】
無料

【参加方法】
下記ページよりお申込みください。
https://form.run/@foodbox-1622525113

【オンラインビデオツール】
Zoomウェビナー
※ウェビナー形式の為、参加者は画面・音声OFFです

【タイムスケジュール】
18:00: 開始の挨拶・ウェビナーの流れのご説明
18:10:【第一部】湯田様より企業のテレワーク活用に関する講演
18:55:【第二部】テレワーク活用のヒントを深掘るトークセッション&質疑応答
19:15:終了

【トーク内容】
・セミナーの目的説明
・テレワークの目的やメリット
・テレワーク活用の現状
・テレワーク下での「社内コミュニケーション」と「チームビルディング」の成功例
(コミュニケーション円滑化、労務・業務マネジメント、新入社員の離職防止 etc)
・テレワーク活用におけるよくある課題と留意点
・課題に対してのソリューション
・今後のテレワークのあり方

【注意事項】
・本ウェビナーは無料です。参加人数の上限に達した場合は締め切らせて頂きます。
・オンライン懇親会の開催を検討される企業様、ご担当者様へ向けた内容となっております。
・多数の質問をいただいた場合、お答えできない場合がございます。ご了承ください
・本ウェビナーは自動レコーディングしておりますが、リスナーの名前や顔が映り込むことはございませんのでご安心ください。

【登壇者】
湯田健一郎氏

株式会社パソナ リンクワークスタイル推進統括
東京テレワーク推進センター 統括責任者
総務省 テレワークマネージャー



組織戦略・BPO・CRMのコンサルティングに携わり、特にICTを活用した事業プロセス最適化の視点から、幅広い業界・企業を担当。
株式会社パソナにて営業企画、事業開発、システム推進、Webブランディングの責任者を経て、現在、ICTを活用し、場所を問わず多様な人材の能力を活かす「LINK WORK 」の推進を統括。
併せて、総務省テレワークマネージャー、国家戦略特区事業としてテレワーク推進を展開している「東京テレワーク推進センター」の統括責任者なども務め、自身もパラレルワークを実践。
政府の働き方改革推進に関連する経済産業省の「雇用関係によらない働き方に関する研究会」や厚生労働省の「柔軟な働き方に関する検討会」「雇用類似の働き方に関する検討会」「仲介事業に関するルール検討委員会」委員等も務める。
  • 株式会社ノンピとは

株式会社ノンピは、フードデリバリー、カフェ運営など様々なフードソリューションを提供する食のプロフェッショナルチームです。川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内 “ミュージアムカフェ”や、埼玉スタジアム2OO2 “VIEW BOX”、三菱地所本社内カフェテリア ”SPARKLE” 等、食事と空間にこだわるフードプロデュースを任されており、味わいやクオリティー、安全面に於いてもお客様より信頼を頂いています。


また、コロナ禍の2020年8月にリリースした、オンラインフードデリバリーサービスnonpi foodbox™は、『法人利用約3000社 15万食以上』の食事をお届けしております。
今後もノンピのミッションである【食の可能性を「探求変革」していくことで世界に笑顔を増やしていく】を目指す姿とし、それを実現するための3つの〈心がまえ〉(行動理念)を意識し、「コロナ」の時代を乗り切る食と空間の新しいデファクトスタンダードを、日本から作って行きます。

〈ノンピの心がまえ〉
1.Be the Dinner(食べるひとの立場にたつ)
2.with Joy(楽しみ、そして世界を変えていく!)
3.Believe No Limits(無限の可能性を信じる)


株式会社ノンピ 公式コーポレートサイト:https://www.nonpi.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ノンピ >
  3. テレワーク推進のプロ 湯田健一郎氏が語る!2021年版「社内コミュニケーション」と「チームビルディング」の成功例