【YouTubeランキング】週間動画再生数<音楽>~JO1圧倒的首位/キンプリドラマ主題歌が2位~(10月17日)

今回は、10月10日〜10月16日にYouTubeで公開された音楽動画の週間再生数ランキングTOP10を発表。 尚、対象は、「歌ってみた」「踊ってみた」などのカバー動画を除き、ライブ映像を含む音楽関連動画とする。
『JO1』が987万再生を獲得し、2位以下に圧倒的な差をつけて1位にランクイン。
ジャニーズ勢は『King&Prince』が2位(389万再生)、『SixTONES』が5位(198万再生)と上位にランクイン。
また、『King&Prince』、『SixTONES』に加えて、『Official髭男dismm(4位:219万再生)』、『Ado(7位:141万再生)』、『Claris(THE FIRST TAKE/8位:117万再生)』は、映画やドラマ、アニメの主題歌となっており、関心の高さがわかる。
株式会社アナライズログが運営するYouTube分析ツール『Digital Creators(デジタルクリエイターズ)』が独自に調査したYouTube週間動画再生数ランキングTop10を発表します。対象は、10月10日~10月16日にアップされた動画となります。15位までのランキングは下記、デジタルクリエイターズで発表しています。
https://digitalcreators.jp/youtube_ranking_1w_mv_221017/
※本PRtimesに公開した記事は、nofollowをつけずに上記ランキングのリンクを設定した場合のみ、使用許諾をしております。
  • 【音楽動画再生数ランキングTOP10】

YouTubeランキング【音楽】YouTubeランキング【音楽】

JO1(1位)
10月12日に発売されたの6thシングル『MIDNIGHT SUN』に収録されている『Super Cali』のミュージックビデオを公開。
9月23日に公開されたパフォーマンス動画が、月間ランキング/7~9月ランキングにランクインしていたが、発売された当日にミュージックビデオが公開され、2位にランクインしている。
9月に公開されたパフォーマンス動画は、ダンスシーンを収めた動画になっていたが、今回公開されたミュージックビデオでは、街中で歌唱シーンと森の中でのダンスシーンが収められており、ギャップも楽しめる動画となっている。
『JO1』は初のアリーナツアーを実施中で、10月22日〜23日に東京で3公演を追加する発表がされており、ファンの期待と興奮が高まっている。
誰もが聞いた事のある呪文の言葉と、癖になるメロディーは何回も聴きたくなる楽曲に仕上がっている。

King & Prince(2位)
『平野紫耀』が主演の、10月21日からTBS系で放送予定のドラマ『クロサギ』の主題歌『ツキヨミ』がランクイン。
「ツキヨミ」は夜の闇に潜む孤独を月が照らす、妖しい色気が漂うアップテンポなダンスナンバー。
と概要欄に綴られており、YouTube Editバージョンの今回は、シャツ姿のメンバーたちのセクシーなダンスには注目である。
ドラマの雰囲気にもマッチした楽曲になっている。

BE:FIRST Official(3位)
今までランキングにランクインしてきた楽曲は“疾走感”や“重厚さ”、“クール”なイメージを持つ楽曲が多かった『BE:FIRST』であるが、今週ランクインした『Message』は、柔らかなラブソングとなっている。
楽曲自体は、8月にリリースされたアルバム『BE:1』に収録されており、ドラマ仕立てで構成されているミュージックビデオは、「ベスティ(ファンの愛称)」たちの間で様々な考察がされている。

Official髭男dism(4位)
10月6日からフジテレビ系で放送されている『川口春奈』主演ドラマ『silent』の主題歌『Subtitle』がランクインしている。
サビ前での軽やかなサウンドから、サビに向けて盛り上がり、サビではキャッチーなメロディーが紡がれている流れは、とても心地の良い楽曲となっている。
コメント欄では「ドラマsilentからですが…この曲が好き過ぎて、チャンネル登録しちゃいました。 色々な曲と髭団さんの素敵な歌詞に浸りたいと思います。よろしくお願いします。」「ほんとに、言葉一つ一つが丁寧で儚くて、ドラマにピッタリすぎるんだよね🥺 状況が想像しやすいし、やっぱり髭男さんの歌って凄いなって思う」と、ドラマとのマッチ感や『Official 髭男dism』の歌詞とメロディーに感激する投稿が多く寄せられている。

SixTONES(5位)
10月17日から放送開始の『京本大我』主演ドラマ『束の間の一花』の主題歌である『ふたり』のYouTube ver.がランクイン。
2人で支えあっていく様子や、強い絆、暖かさを感じるラブバラード。
コメント欄では、「SixTONESが表現する美しい世界! もっともっと沢山の人に届きますように」「綺麗な映像 綺麗な歌声 何度も何度も観いっちゃうし聴きいっちゃう…SixTONESの魅力は奥が深い」と、多くのコメントが投稿されている。

THE FIRST TAKE(6,8,9位)
『コムアイ』から『水曜日のカンパネラ』2代目主演・歌唱担当を引き継いだ『詩羽』が、TikTokなどでもバズった『エジソン』を披露している動画が6位にランクインしている。
個性あふれるファッションや、『THE FIRST TAKE』ではなかなか見られないカメラへのアピールなど、チャーミングな人柄がわかる動画になっている。
コメント欄では「歌もファッションも自己表現の世界観がキラキラしてて、何よりも本人の笑顔がキラキラで本当に惹き込まれる」「ファーストテイク史上に残る自由度と圧倒的表現力」と、絶賛のコメントが投稿されている。

10月3日付の週間ランキングで1位を獲得した『Claris』の『THR FIRST TAKE』が再び登場し、8位にランクイン。
前回は、『魔法少女まどか☆マギカ』の超人気曲『コネクト』を披露し、話題となったが、今回は7月〜9月で放送されていたオリジナルアニメ『リコリス・リコイル』のオープニング曲『ALIVE』を披露している。
2人の澄んだ高音が混ざり合い響く、力強いこの曲は多くのファンの心を掴んだに違いない。

日中韓ガールズグループオーディション番組『Girls Planet999』の出身で、中国人歌手の『スー・ルイチー』が、今年4月に日本デビューを果たし、この度『THE FIRST TAKE』に初登場し、9位にランクイン。
今回ランクインした曲は、ソロ活動を始動させた際にリリースした『《燎》(The Phoenix)』を披露しており、作詞にも関わり、その曲名のごとく、ソロになっても力強く進んでいく決意を感じられる。

Ado(7位)
10月14日に公開された『橋本環奈』『眞栄田郷敦』主演の映画『カラダ探し』の主題歌『行方知らず』のみュージックビデオを公開。
楽曲は『椎名林檎』が作詞作編曲を担当しており、「椎名林檎×Ado」の個性あふれる世界観が炸裂している。
歌い方にも影響を受けているという程、憧れの『椎名林檎』からの楽曲提供に、「大変なことになってしまいました…」と興奮を隠せない様子の『Ado』。
勢いよく駆け抜けていきつつ、パンチのある歌声が紡ぐメロディーが癖になる一曲になっている。

ピノキオピー PINOCCHIOP OFFICIAL CHANNEL(10位)
超人気ボカロPである『ピノキオピー』の新曲『キラースパイダー』がランクイン。
2ヶ月に1曲程度のペースで新曲を投稿し続けており、溢れ出る才能を感じられる。
コメント欄では、「手の指を2本見えないようにして蜘蛛の足表現してるの好き あと歌詞の中で「意図(糸)とか「言い張って」(巣を張る)とかでさりげなく掛けてるのほんとにすごい」「短期間で曲を作るだけじゃなくて MVまで全て1人で作っていることが スゴすぎて語彙力がなくなってしまう...」と、曲名の「スパイダー」にかけて、コンテンツに対し、こだわりを見せる『ピノキオピー』への賞賛のコメントが多く寄せられている。
  • 【Digital Creators】YouTubeで人気の動画を週間ランキングで発表。
 

Digital Creatorsは、YouTubeの人気チャンネルや動画などのランキングデーターを無料でチェックできるサイトです。YouTube動画再生数ランキングは、週間ランキングや月間ランキングや年間ランキングなど期間別のランキングのほかに、ジャンル別ランキングなど、様々なデーターを公開していく予定です。
また、広告代理店や、YouTubeをプロモーションで活用したい企業の方に向けに、有料で、詳細データーも提供しています。
※DigitalCreatorsについてのプレスリリースは、別途、実施を予定しています。
  • 【運営会社:株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、デジタル系広告代理店へと事業拡大を行なっています。
創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。
従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『すしらーめん《りく》』、『こたみのチャンネル』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『ホモサピ』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

会社名: 株式会社アナライズログ
経営陣:
代表取締役CEO 三浦謙介
ファウンダー代表取締役COO 萩原穣
取締役:高木政臣
社外取締役:Benjamin Grubbs(Next10Ventures CEO)
社外取締役:池田竜介(YouTubeチャンネル『がっちゃんねる』運営)
設立:2018年5月22日
本社:東京都港区南青山 2-26-32 セイザンⅠ 1002
資本金:4億3993万円(資本準備金含む)
事業内容:YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業
URL:https://analyzelog.jp
デジタルクリエイターズ:​https://digitalcreators.jp/category/youtube-ranking
採用:https://www.wantedly.com/projects/598774
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナライズログ >
  3. 【YouTubeランキング】週間動画再生数<音楽>~JO1圧倒的首位/キンプリドラマ主題歌が2位~(10月17日)