いわきFC、2022年シーズン「J3クラブライセンス」交付のお知らせ

このたび、いわきFC(株式会社いわきスポーツクラブ:福島県いわき市)は、2022年シーズンへ向けた「J3クラブライセンス」交付の判定を受けましたので、お知らせいたします。
Jリーグ入会(J3リーグ参加)までの道のりは下記に示す通りですが、今後は11月の理事会にてJリーグ入会が審議されます。なお、入会を最終承認されるためには、以下の条件を満たす必要があります。
1. 順位要件(JFL最終節終了時点での順位が4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)
2. 平均入場者数 2,000 人超(2021年度は適用外)※下記参照:【参考】J3入会審査項目

【 Jリーグ入会(J3リーグへの参加)までの道のり 】

 


【 代表取締役 大倉智のコメント 】
昨年に引き続き、J3ライセンスを交付いただきましたことを報告させていただきます。ライセンス交付にあたり、いわき市をはじめ、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、葛尾村のホームタウン各自治体、ならびに福島県の関係者の皆さまのご協力に改めて感謝したいと思います。
残りのリーグ戦1試合1試合をとにかくしっかりと戦い、今まで積み上げてきたフットボールを全力でやり切りたい、その覚悟です。引き続き、皆さまの応援をよろしくお願いいたします。


【参考】J3入会審査項目(Jリーグ規約 第17条第3項より抜粋)
・ 入会直前年度のJFLのリーグ戦におけるホームゲームの1試合平均入場者数が2,000人を超えており、かつ3,000人に到達することを目指して努力していると認められること。なお、入場者数の算定はリーグ戦実施要項第39条第3項および第4項に基づいて行う。ただし、本号に定める要件については、2021年度の入会審査においては適用しない。
・ 入会直前年度における年間事業収入が1.5億円以上になると、合理的に見込まれること
・ 入会直前年度の期末決算において、債務超過ではないことが合理的に見込まれること
・ 入会直前年度のJFLのリーグ戦における最終順位が4位以内であり、かつ、JFLに属する百年構想クラブのうち、上位2クラブに入っていること。

※JFL 2021シーズンの最終節が12/5のため11月理事会では、最終順位の要件を満たすことを条件に承認する。

【参考】Jリーグ百年構想クラブ (2021年9月15日現在)※太字:今回「J3クラブライセンス」を交付されたクラブ
ラインメール青森(JFL) いわきFC(JFL)、 栃木シティフットボールクラブ(関東1部)、VONDS市原FC(関東1部)、クリアソン新宿(関東1部)、南葛SC(関東2部)、ヴィアティン三重(JFL)鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)F.C.大阪(JFL)奈良クラブ(JFL)、ヴェルスパ大分(JFL)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. いわきFC >
  3. いわきFC、2022年シーズン「J3クラブライセンス」交付のお知らせ