東京の夏を涼しく演出  お寺で怪談を聴く「怪談の夕べ」に新企画

葛飾北斎ゆかりのお寺で怪談&開運参拝、新企画プロジェクションマッピングを使った「四谷怪談」

株式会社ジェイティービー(東京都品川区 代表取締役社長:田川博己)は、有限会社げんごろう(東京都墨田区 代表:平尾登紀子)と協力し、2011年度より暑い夏の夜にお寺で怪談を聴くイベントを実施しています。今年はこれまで実施してきた墨田区に加え「四谷怪談」にゆかりのある江東区に地域を拡大し、新たなプログラムを企画しました。公演チケットは7月2日(火)よりJTBホームページにて販売を開始します。
main image

 「怪談の夕べ」は、夏の風物詩と言われている怪談をお寺で聴き、体の芯から涼しさを体感してもらうイベントです。古くから伝わる怪談やその土地にまつわる話をプロの役者が一人語りや朗読劇で演じ、三味線の生演奏や、普段はあまり見ることのない日本古来の「鳴物」による演出で盛り上げます。

 今年は新たな企画として、葛飾北斎ゆかりの寺「柳嶋妙見山法性寺」(墨田区)にて、「怪談の夕べ」の公演前に住職がお寺を案内する「開運参拝コース」(開運鈴守・妖怪弁当付)や、江東区のお寺ではプロジェクションマッピングを導入した「四谷怪談」を行い、東京の暑い夏の夜を涼しく演出します。

 

 

<公演内容について>

●墨田区のお寺で「怪談の夕べ」
 墨田区では、葛飾北斎ゆかりの寺として有名な「柳嶋妙見山法性寺」の本堂を舞台に実施します。
 開運北辰妙見大菩薩をお祀りしている「妙見堂」をはじめ、鈴木良敬住職がお寺内を案内する「開運参拝コース(開運鈴守・妖怪 弁当付)」や、ギャラリーで名画を鑑賞しながら妖怪弁当を楽しむ「開運北斎コース(開運鈴守・妖怪弁当付)」のプランを新設しま した。

◆会場:柳嶋妙見山 法性寺 (東京都墨田区業平5丁目7番7号)
◆実施日:7/25(木)・26(金)、8/3(土)・8(木)・9(金)・15(木)・16(金)・17(土)・22(木)・24(土)・29(木)・30(金)・31(土)

◆受付開始:19:30  開演時間:19:45 (所要:約1時間)
◆料金:木・金曜日  前売割引お一人様2,500円(当日3,000円)
     土曜日    前売割引お一人様3,000円(当日3,500円)
◆後援:墨田区・一般社団法人墨田区観光協会

 

●江東区のお寺で「怪談の夕べ」・プロジェクションマッピング「四谷怪談」
江東区では、劇作家の岡崎柾男氏が書き下ろした「四谷怪談」に、デジタルハリウッド大学大学院(東京都千代田区)協力のも と東京駅で実施され話題となったプロジェクションマッピングを導入します。

◆会場・実施日:天霊山 妙久寺 (東京都江東区北砂2丁目1番40号)
          8/16(金)・17(土) 
          法苑山 浄心寺 (東京都江東区平野2丁目4番25号)
          8/29(木)・30(金)
◆受付開始:18:45 開演時間:19:15 (所要:約1時間)
◆料金:前売割引 お一人様3,000円 (当日3,500円)
◆協力:デジタルハリウッド大学大学院
◆後援:一般社団法人江東区観光協会

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイティービー >
  3. 東京の夏を涼しく演出  お寺で怪談を聴く「怪談の夕べ」に新企画