ビィ・フォアード バハマ国のハリケーン被害に民間被災支援を実施!

越境ECサイトを運営する株式会社 ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功 ECサイト:https://www.beforward.jp) は、9月1日にカリブ海の島国バハマを直撃したハリケーン「ドリアン」の災害に対し、Tシャツ等を寄贈する民間被災支援を実施いたしました。

 

 

 

現地時間2019年9月1日、最も強い勢力「カテゴリー5」のハリケーン「ドリアン」がカリブ海の島国バハマを2日間にわたり直撃し、壊滅的な被害をもたらしています。これまでに50名が死亡し、行方不明者2,500名以上と人的被害は大きく、住宅なども約13,000戸が倒壊したと言われています。国連は北部のグランドバハマ島、アバコ島では全人口に相当する7万人が緊急援助を必要と発表しました。
 

弊社は、現地公式エージェントからの被災情報により、The Bahamas Red Cross Team(https://bahamasredcross.org/)へTシャツ1,500枚、ST. THOMAS MORE CATHOLIC SCHOOLへ トートバッグとペンを寄贈いたしました。

 


我々ビィ・フォアードは、ジャパンクオリティーを世界へ配信し続けるとともに、今後とも世界各地での様々な支援活動を積極的に行っていきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビィ・フォアード >
  3. ビィ・フォアード バハマ国のハリケーン被害に民間被災支援を実施!