バター専門ブランド「カノーブル」が手掛ける初のバターケーキが登場。第一弾は種子島産1ヶ月熟成の安納芋をフィーチャー。

〜焼いていないのに香ばしい!?バター専門店がプロデュースする新感覚のバターケーキが登場〜

ナショナルデパート株式会社は、“食べるバター”ブランド「カノーブル」初のバターケーキである「安納芋バターケーキ」を、2月10日から発売します。ECサイトでは先行予約がスタート。https://depa.stores.jp/



焼いていないのに香ばしい!?
バター専門店がプロデュースする
新感覚のバターケーキが登場


これまで数々のバター製品を生み出してきたカノーブルが2020年に挑むのは「今までにないバターケーキ」。

バターケーキと言えば、小麦と卵や砂糖をバターと混ぜてオーブンで焼き上げるのが一般的ですが、今回発売するバターケーキは、小麦も卵も使わずオーブンでも焼かず、バターそのものをケーキに仕立てるという逆転の発想で生み出されました。


焼かずに焼き上げる新発想

<焼いていないのに香ばしさを出す秘密は「焦がしバター」>


生地を焼かずに香ばしさを出すために、しっかりと焦がしたバターを使用することで、フレッシュな素材に火を通さなくても、どんな素材でも香ばしいバターケーキにしてしまうことが可能になります。

生地はしっとりリッチな生タイプなのに、焼き菓子のような香ばしさを味わえる、バター専門ブランドならではの製法です。


第一弾は種子島産1ヶ月熟成の安納芋をフィーチャー

今回フィーチャーした素材は、1ヶ月以上熟成させた種子島産の安納芋。

安納芋は、高温から低温に段階的に温度を下げていく逆ステップ加熱により、低温でじっくりと焼き上げて糖度45度まで味を濃縮し、焦がしバターとあわせて岩塩でアクセントを付け、バターのコク、焦がしバターの香ばしさ、安納芋の甘味、すべてが絶妙なバランスで組み立てられています。

焦がしバターと安納芋をあわせた今までにない濃厚な香ばしさ。ケーキやアイスクリームのように、もちろんバターとしても、様々な楽しみ方ができます。


商品詳細
商品名:「安納芋バターケーキ」
内容:1個入り(約70g)
価格:1,580円(税込)
賞味期限:冷凍保存(-15℃以下)未開封で60日間
※開封後はお早めにお召し上がりください

発売予定
岡山店・東京店:2月10日から
ECサイト:1月28日から先行予約開始
百貨店ポップアップ予定などはSNSで発信します



 

安納芋が甘くなっていくさまをグラフィックで表現したパッケージデザイン安納芋が甘くなっていくさまをグラフィックで表現したパッケージデザイン

 

収穫後1ヶ月熟成された種子島産の安納芋収穫後1ヶ月熟成された種子島産の安納芋

  
 

糖度45度にまで高められた安納芋の焼芋糖度45度にまで高められた安納芋の焼芋




ナショナルデパート株式会社
本社工場:岡山県岡山市北区天神町9-2
東京工場・R&D:東京都目黒区八雲2−6−11
TEL:03-6421-1861
担当者:秀島康右
Facebook https://www.facebook.com/nationaldepart/ 
Twitter https://twitter.com/nationaldepart
Instagram https://www.instagram.com/nationaldepart_co_ltd/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ナショナルデパート株式会社 >
  3. バター専門ブランド「カノーブル」が手掛ける初のバターケーキが登場。第一弾は種子島産1ヶ月熟成の安納芋をフィーチャー。