風速実験にて、スヴェンソンの製品性能・感性の変化を確認

増毛レスラーは、「スヴェンソン 編み込み式増毛法」の安心感を実感!!

ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役社長 兒玉義則)メンズ事業部は、感性アナライザーで脳波を測定し風速実験を行うことで、ウィッグ装着方法の違いによる感性(興味・好き・ストレス・集中・沈静)の変化と、2つの方法によるウィッグの耐久性能の差異を、増毛レスラーの協力を得て実験しました。

今回の実験では、「スヴェンソン 編み込み式増毛法」と「金具留めウィッグ」の2つの方法でウィッグを装着。
大型送風機3台を使用し、最大風速15m/sまで段階的(5m/10m/15m)に強めていき、同時に脳波を測定することで、ウィッグの装着方法の違いによる、ウィッグの耐久性能の差異と、感性(興味・好き・ストレス・集中・沈静)の変化を記録しました。

耐久性能の実験結果については最大風速(15m/s)の際、毛髪が激しく靡くものの、ウィッグ装着方法の違いによる「脱落」や「ズレ」などは見られず、強風での耐久性はどちらの装着方法でも安定していることが確認されました。
感性(興味・好き・ストレス・集中・沈静)の実験結果については、「スヴェンソン 編み込み式増毛法」で装着している方が、頭への意識の集中やストレスが軽減され、ウィッグ装着時に強風が吹いていても安心感を得られていることが確認されました。
実験の詳細はこちらをご覧ください: https://www.mens-svenson.net/feature/analyze/

■専門家によるデータの考察

慶應義塾大学理工学部教授 満倉靖恵先生
2つを比較すると、編み込み式装着時は好き度が高く、着脱式装着時は集中度が上がっています。前者は、製品が外れない安心感からくるポジティブな気持ちで、後者は製品が外れてしまうのではという不安で、頭に意識が集中している状態であると考えられます。
また、ストレス度では編み込み式が着脱式より低い数値となっています。このことから、編み込み式のほうが髪への意識の集中・ストレスが軽減され、安心感を得ていることがわかります。


■感性測定5つの指標


■測定値合計


■「スヴェンソン式増毛法」について
「スヴェンソン式増毛法」は、ご自身の残っている頭髪部分にウィッグを特殊な3本の糸だけを使って編み込み装着する独自の特許技術(特許番号3686998号)による増毛サービスです。約1ヵ月に1回のメンテナンス以外は24時間着脱不要で、毎日の整髪剤の使用が可能なほか、シャンプーも地肌までしっかり洗うことができ、激しいスポーツをしてもズレたり外れたりする心配がありません。金具や接着剤を使用する従来の装着方法より、日常生活での安心感や快適さという生活実践力が高く、「お客様継続率95.2%※」の装着方法です。
※2019年3月当社調べ

■スヴェンソンの男性向けヘアケア総合サービスについて
薄毛によるお悩みを解決し、よりよい生活を送っていただくため、お客様一人ひとりのご要望に最善でお応えできるよう、様々なサービスを展開。スヴェンソンは独自のサービスで「なりたいあなた」を応援していきます。
主力サービスとなる「スヴェンソン式増毛法」は、24時間着脱不要で見た目の自然さと装着時の快適さから、増毛していることを忘れて普段と同じ生活を過ごしていただけます。また、定期定額制でのご契約体系を20年以上前から開始し、常に良い状態で増毛をしてご生活いただけます。
増毛サービス以外でも、ご自身の頭髪で薄毛をカッコ良く魅せる当社独自のカット・スタイリング・頭皮ケアサービスを展開。優れた技術を持ったスタッフが、自分の髪だけで悩みを解決することを可能にしました。
その他にも、増毛が頭髪の本数を増やすのに対し、今ある頭髪一本一本を太くすることでボリュームアップを実現する「ヘアライズ」をはじめとした様々なサービスラインナップを取り揃えております。
スヴェンソン メンズ事業部:https://www.mens-svenson.net/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スヴェンソン >
  3. 風速実験にて、スヴェンソンの製品性能・感性の変化を確認