「cluster大加速祭」開催レポート!イベント同時接続数10万人対応、アバター表示システム刷新、アバターマーケット販売総数1,200体以上

クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:加藤直人、以下「クラスター」)は、2021年3月26日(金)〜2021年3月28日(日)に“作る、楽しむ、繋がる”をテーマにしたユーザー参加型イベント「cluster大加速祭2021」を開催いたしました。イベントにはのべ1.7万人にご参加いただきました。


■大規模アップデートを公開、同時接続数10万人を発表
26日の開会式で行われたCEO加藤によるKeynoteセッションで、発表した内容は以下の通りです。
・2020年7月〜12月での営業利益1.5億円
・バーチャルイベント最大同時接続数10万人への対応
・バーチャルワールド公開数3,300(2021年3月時点)
・アバターの自動軽量化システムとLODによりイベントでのユーザーオリジナルアバターの表示解禁
ほかにも「ソーシャルファースト」と銘打った今後の機能リリースのロードマップが公開されたました。


発表の様子はYouTubeにてアーカイブをご覧いただけます。
▶YouTube:https://youtu.be/wRErhyoT70c?t=1200


■115人のクリエイターが参加!販売総数1,200体以上「アバターマーケット」が盛況
clusterの「アバター販売機能」を利用してアバターを展示・販売する「アバターマーケット」。総勢115人のクリエイターによる約200体のアバターが展示され、参加者は「買ったその場で着替えられる」スムーズなアバター体験を楽しむことができました。販売総数も1,200体を超え、クリエイターが見ている目の前で着替えていく参加者の様子など、販売を通してユーザー同士が交流する盛況な企画となりました。

アバターマーケットの様子アバターマーケットの様子


■「ユーザー祭」「スペシャルカンファレンス」「ワールドコレクション」「ワールド制作チャレンジ」など、クリエイターもユーザーも楽しめる企画を実施
その他にも、ユーザーの方々にお声がけして実現した「ユーザー祭」や、合計14のセッションで電脳や建築、アバターなど各テーマの専門家をお呼びしたトークセッションを行う「スペシャルカンファレンス」、参加者から公募したワールドを巡ることのできる「ワールドコレクション」や、24時間でワールド制作を行うコンテスト「ワールド制作チャレンジ」など、まさにバーチャル空間を舞台に“作る、楽しむ、繋がる”3日間となりました。

ユーザー祭の様子ユーザー祭の様子

スペシャルカンファレンスの様子スペシャルカンファレンスの様子

ワールドコレクションの様子ワールドコレクションの様子

ワールド制作チャレンジの様子ワールド制作チャレンジの様子


これからもクラスターは、バーチャル経済圏のインフラをつくるために、さまざまな機能拡充を進めてまいります。

■クラスター株式会社とは
誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる「バーチャルSNS」を展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。

■会社概要
社名   :クラスター株式会社
所在地  :東京都品川区
代表者  :代表取締役 加藤直⼈
設⽴   :2015年7⽉
業務内容 :バーチャルSNS「cluster」の企画・開発・運営
URL   :https://corp.cluster.mu/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラスター株式会社 >
  3. 「cluster大加速祭」開催レポート!イベント同時接続数10万人対応、アバター表示システム刷新、アバターマーケット販売総数1,200体以上