MJE、フレキシブルオフィスやビジネス共創施設のコンセプト設計から運営支援と、イベントやプログラムの企画運営支援の事業をスタート

市場が拡大しているコワーキングスペースやイベント施設の運営をサポート

コワーキングスペースの企画・運営を行う株式会社MJE(本社:大阪市中央区、代表取締役:大知昌幸)は、自社で運営する施設での集客や運営のノウハウ、またイベントやセミナーを開催してきた強みを活かして、コワーキングスペースやインキュベーション施設などのビジネス共創施設のコンセプト設計から運営支援と、イベントやセミナーの企画運営支援の事業をスタートします。
  • 背景

近年、フレキシブルオフィスの市場規模は急拡大しており、2013~2018年の間で国内におけるオフィス全体の床面積は約3倍となり、2018年には床面積ベースで前年比の40%以上も増加していると言われています。また、オープンイノベーションを目的として、多くの企業がコワーキングスペースやイベントスペースなどの拠点を新たに開設し、市場規模の拡大は続くと予想されています。

 

こうした中でMJEは、新たに施設を開設したい企業や団体、またはスタートアップ対象のイベントを開催したいと考えている企業や団体の方々から、ご相談を受ける機会が多くありました。そこで、今後も市場規模の増加が見込まれることから、このたびコワーキングスペースやインキュベーション施設などのビジネス共創施設のコンセプト設計から運営支援と、イベントやセミナーの企画運営支援の事業を開始するに至りました。

 

  • MJEの強み

MJEは、2018年4月にコワーキングスペース、レンタルオフィスを併設したインキュベーション施設billage OSAKAをオープンし、「ヒト・モノ・カネ・情報が集まるワークスペース」をコンセプトに、企業や起業家を支援するサービスを提供してきました。その結果オープンから約1年半で施設の総床面積は886㎡から2,557㎡まで拡大(2019年9月現在)させることができました。

また、企業や起業家のコミュニティ形成を図るために、情報が集まる場所としてイベントの企画運営に重点を置き、行政・経済団体・金融機関等と連携しながら、AI・ブロックチェーン・VR/AR・IOT・ピッチイベント・ハッカソン・アイデアソンのような多種多様なイベントやプログラムを企画・開催してまいりました。こうした取り組みが認知力向上につながり、事業を急成長させることができた要因のひとつであり、MJEの強みだと考えています。

 

  • 第1弾として京セラドキュメントソリューションズジャパン「ナレッジプラス」をサポート

京セラの関連会社である京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社が、2019年10月1日に東京(港区虎ノ門)にオープンする新たなビジネスの価値を創造する新拠点「ナレッジプラス」のコンセプト設計、施設の企画・設計の段階から携わってきました。今後は同社のイベントの企画・運営においても連携を進めてまいります。

 

 

  • 株式会社MJEについて

本社所在地:大阪市中央区久太郎町4-1-3 6F
代表者:代表取締役 大知昌幸
創立年:2006年12月11日
資本金:7,900万円(資本準備金含む)
URL:https://mjeinc.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ先
経営企画室 柿木原 明良
06-6253-7701
a.kakihara@mjeinc.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MJE >
  3. MJE、フレキシブルオフィスやビジネス共創施設のコンセプト設計から運営支援と、イベントやプログラムの企画運営支援の事業をスタート