(仮称)奈良市子どもセンターの建設候補地が変更

奈良県総合医療センター跡地から柏木公園の敷地内に

●奈良県総合医療センター跡地での建設を計画していた(仮称)奈良市子どもセンターの建設候補地が、柏木公園(奈良市柏木町)に変更する。
●柏木公園の北側の球技場やテニスコートは残しつつ、南側に子どもセンターを建設し、公園と一体的な整備を目指す。
●子どもセンターは完成後、児童相談所、一次保護所、地域子育て支援センター、子ども発達センター、子ども家庭総合支援拠点、キッズスペース等の機能を備える予定である。

 


令和3年度に開設を予定している(仮称)奈良市子どもセンターの建設候補地について、奈良県総合医療センター跡地から柏木公園へと変更しました。
柏木公園はテニスコートや夜間も使用できる球技場を有する都市公園で、市民の健康づくりや競技スポーツの場となっています。
柏木公園の北側の球技場やテニスコートは残しつつ、南側に子どもセンターを建設し、公園と一体的な整備を目指します。

公園と一体的整備・運用することにより目指すもの
  • 幅広い世代の市民や地域の交流の場
  • 公園利用者の利便性・満足度の向上
  • 環境に溶けこんだ空間づくり・開放的な空間づくり

1 建設候補地
変更前
奈良県総合医療センター跡地(奈良市平松一丁目)

変更後
柏木公園(奈良市柏木町225番地の1)

2 柏木公園の概要
公園全体面積 約4.2ha
テニスコート 4,800㎡(クレー舗装6面)
球技場 11,000㎡(夜間照明設備完備)
管理棟 鉄骨平家建 38.88㎡
倉庫 補強コンクリートブロック造 63.13㎡


3 計画(案)内容

<子どもセンター機能>
■児童相談所
・専門職による専門相談
・施設入所、里親支援

■一時保護所
・子どもの安全を確保

■地域子育て支援センター
・子育て親子の交流の場
・乳幼児に関する相談窓口
・育児情報の提供の場

■子ども発達センター
・就学前の児童の療育に関する相談
・療育が必要な幼児に対する指導・訓練の場

■子ども家庭総合支援拠点
・身近な子育て相談窓口
・こんにちは赤ちゃん訪問
・除算制度、ショートステイ相談

■キッズスペース
・全天候型の遊び場
・屋外の広場にも遊び場を整備

4 これまでの経緯
(1)地元説明経過
第1回 令和元年11月6日(水)
第2回 令和元年11月24日(日)
第3回 令和元年11月27日(水)
第4回 令和元年12月11日(水)
周辺地元住民や自治会役員に説明会を開催し、合計で約80名が参加された。
子どもセンターの概要を説明し、住民からは交通状況に対する懸念や周辺道路の整備に関する意見等が出された。
引き続き、地元住民との調整を進めていく。

(2)建設工事費・年間運営費概算(当初から変更なし)
建設工事費:約16億円(財源内訳:国庫支出金約1億円、交付税措置約2億円)
年間運営費:約10億円(財源内訳:国庫支出金約3億円、交付税措置約8億円)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 奈良市役所 >
  3. (仮称)奈良市子どもセンターの建設候補地が変更