「バリエーションズーアートの可能性」開催のご案内

東京都現代美術館文化共生課

渋谷ヒカリエ8/において、トーク&パフォーマンス(12/5)及び展覧会(12/5~11)を開催!
 


 公益財団法人東京都歴史文化財団東京都現代美術館文化共生課では、東京都と連携しながら、芸術を通じた共生社会の実現を目指し、さまざまな作り手の作品展示等の事業を行っています。
 今回は、渋谷ヒカリエ8/において、「バリエーションズ―アートの可能性」を共通タイトルに掲げるトーク&パフォーマンス及び展覧会を開催します。バリエーションズ(Variations)は、音楽用語で変奏曲を意味します。
 ある主題をもとにして、その旋律をいろいろに変化させたものからなる「変奏曲」のバリエーションのように、さまざまな背景を持つ研究者やアーティスト、ダンサー、キュレーターが集い、視点を共有することで、参加者と共に多様なアートの可能性を思い描き、未来へと繋げていく機会を作り出します。


【トーク&パフォーマンス】
イベント名:「共生のヒント」
出演者  :熊谷晋一郎、小林エリカ、砂連尾理、山峰潤也、クリスティン・スン・キム(ビデオメッセージ)
      佐々木大喜(砂連尾氏とのパフォーマンスのみ出演)
開催日時 :2019年12月5日(木) 18:00~19:45
会場   :渋谷ヒカリエ8階 8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
参加料  :無料 ( Peatix等にて要事前申込み ※ 定員80名 ) 申込先 → https://variations.peatix.com
みどころ :アートにおける非言語的なコミュニケーションの力は、共生社会の実現にどのような役割をもちうる
      でしょうか。多彩な登壇者のディスカッションやパフォーマンスから、今後、アートが異なる人々の
      間をどのように繋いでいけるかを考えます。


【展覧会】
展覧会名:「Artists-在り続ける表現者たち」
出展作家:川戸由紀、川村紀子、田島絵里、谷本光隆、山野将志
会期  :2019年12月5日(木)~12月11日(水)
開場時間:11:00~19:00(最終日は17:00終了)
会場  :渋谷ヒカリエ8階MADO(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
入場料 :無料
みどころ:創ることを続け、表現者として在り続ける5名のアーティストを紹介します。心地よさやこだわりや
     切実さに素直に向き合うそれぞれの作品世界が、新鮮な驚きや共感を運びます。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人東京都歴史文化財団 >
  3. 「バリエーションズーアートの可能性」開催のご案内