山形県へ山形カシオ製の不織布マスクを寄贈

カシオグループの山形カシオ株式会社(本社:山形県東根市、代表取締役社長:福士 卓)は、当社の本社工場で生産した不織布マスク5,000枚を、医療機関向けとして下記の通り山形県へ寄贈いたします。
当社の不織布マスクは、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みの一つとして、カシオグループの国内従業員へ継続的に配布する目的で、本年9月より生産を開始しています。
微粒子やウイルス飛沫など、99%以上の捕集効率を持つ高性能中間フィルターを採用しており、地元で生産したマスクとして、地域社会の医療従事者の方々へ支援させていただくことになりました。
今後も当社は、カシオグループの一員として新型コロナウイルス感染症の早期終息と社会経済活動の回復に貢献する取り組みを積極的に行ってまいります。

                    記


<寄贈日程>
日時      : 2020年11月12日(木) 午前9時30分から
会場      : 山形県庁 7階701会議室

<支援の概要>
寄贈内容    : 高性能不織布マスク(自社製)
寄贈先     : 山形県
数量      : 5,000枚
用途      : 医療機関用として

<山形カシオ株式会社の概要>(2020年4月1日現在)
本社所在地   : 山形県東根市大字東根甲5400-1
代表取締役社長 : 福士 卓
資本金     : 15億円
設立      : 1979年10月
従業員数    : 614名
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カシオ計算機株式会社 >
  3. 山形県へ山形カシオ製の不織布マスクを寄贈