企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance & Robotics」ROBOT PAYMENTの公式メディアがリニューアルオープン

~新時代の経営マネージメントとバックオフィス戦略のヒント「CFOの働き方改革」の連載を開始~

請求業務の自動化を実現する『請求管理ロボ』を提供する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、今まで経理担当者向けに「決済」のノウハウを提供していた当社メディアを、CFOや財務・経理部門を読者ターゲットとした、新時代の経営マネージメントとバックオフィス戦略のヒントを集めた情報メディアを2018年11月20日にリニューアルオープンします。
■企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア
昨今、テクノロジーの進化により従業員の働き方そのものに大きな変化が起こっております。中でも企業のお金を管理する部門であるCFOや財務・経理部門は、今までのエクセル中心主義から、急速にイノベーションの波が訪れ、業務自動化が進行し、新たなテクノロジーとの向き合い方を求められております。
ROBOT PAYMENTは、CFOによる経営マネージメントから、財務・経理部門のイノベーションとの関わり合いなどを掘り下げ、経営マネージメント、バックオフィス戦略のヒントを提供すべく、企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance & Robotics」をリニューアルオープンいたします。
URL:https://www.robotpayment.co.jp/blog/



■新連載記事「CFOの働き方改革」を始動
本メディアでは、新連載記事として「CFOの働き方改革」を開始いたします。昨今のテクノロジーの進化とともに、未来志向で多様的な働き方という価値観の変化にCFO・ファイナンス担当者はどのような視点を持って、取り組んでいるのかを探ります。

第一弾『優れた「システム」と「意識」の相乗効果で、理想的な改革が実現する』
株式会社FiNC Technologies 代表取締役副社長CFO兼 CIOの小泉泰郎氏
https://www.robotpayment.co.jp/blog/interview/6619/

第二弾『人の手か、システムか。今後は適切な業務の仕分けが重要に』
株式会社マネースクエア 人事・総務部長 太田 昌司氏・ファイナンス部長 松谷 昭男氏
https://www.robotpayment.co.jp/blog/interview/6672/



■株式会社ROBOT PAYMENTについて
企業のお金に関わる自動化のソリューションを提供しております。請求業務の自動化を実現する「請求管理ロボ」では、請求管理から入金管理まで一連の業務プロセスを自動化するクラウドサービスです。またクレジットカード決済、口座振替、銀行振込など多彩な決済サービスの導入も支援しております。
会社概要:https://company.robotpayment.co.jp/

■ROBOT PAYMENT 提供サービス
インターネット決済代行サービス
https://www.robotpayment.co.jp/service/payment/
請求管理ロボ
https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/

■会社概要
株式会社ROBOT PAYMENT
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立:2000年10月
資本金:100百万円
代表:代表取締役 清久 健也
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ROBOT PAYMENT >
  3. 企業のお金とテクノロジーをつなぐメディア「Finance & Robotics」ROBOT PAYMENTの公式メディアがリニューアルオープン