【OIL by 美術手帖】東京都美術館にて個展開催中の人気画家・伊庭靖子の新作含む19点をオンライン販売販売スタート(8/7から)

2019年7月より東京都美術館にて個展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を開催中の人気作家の作品が、本日より「OIL by 美術手帖」にて取り扱い開始。

 


美術館では10年ぶりとなる個展「まなざしのあわい」が開催され注目を集めている人気画家・伊庭靖子(いば・やすこ)。国内外のアートコレクターのファンを持つ伊庭の新作10点を含む、計19点の版画作品を期間限定でオンライン販売いたします。

▼特設サイト
https://bijutsutecho.com/lp/YasukoIba_special_offer20190807/index.html

◆販売作品一例

(左)《grain #2018-2》

  • 素材:silkscreen on BFK Rives
  • サイズ:高さ: 76.5cm/横幅: 57cm
  • 価格:¥85,000
  • 2018/ed: 20
(中央)《grain #2018-1》
  • 素材:silkscreen on BFK Rives
  • サイズ:高さ: 76.5cm/横幅: 57cm
  • 価格:¥85,000
  • 2018/ed: 20
(右)《grain #2019-1》
  • 素材:silkscreen on BFK Rives
  • サイズ:高さ: 76.5cm/横幅: 57cm
  • 価格:¥85,000
  • 2019/ed: 20
 

(左)《untitled#3-2》
  • 素材:silkscreen, on paper
  • サイズ:高さ: 50cm/横幅: 39cm
  • 価格:¥55,000
  • 1999/ed: 30
(中央)《untitled》
  • 素材:silkscreen, on paper
  • サイズ:高さ: 63.8cm/横幅: 78.2cm
  • 価格:¥80,000
  • 2004/ed: 30
(右)《untitled》
  • 素材:silkscreen, on paper
  • サイズ:高さ: 55cm/横幅: 66cm
  • 価格:¥70,000
  • 2004/ed: 30

◆室内レイアウトプレビュー


◆伊庭靖子(いば・やすこ)について

1967年京都府出身。嵯峨美術短期大学版画科専攻科修了。自然光のなかの果実、クッション、陶器などの身近な対象物を自ら撮影し、その写真をもとに油彩画を制作。モチーフの質感や空気感を引き出すとともに、制作を通して色彩、光、物質の関係を探究する。近年は、描く対象となる花器や器を透明なアクリルボックスの中に入れ、周囲の風景や光が映り込んだ状態を描画。手触りなど見えないものを視覚化する。2003年京都府文化芸術賞奨励賞、11年滋賀県文化賞奨励賞などを受賞。

▼特設サイト
https://bijutsutecho.com/lp/YasukoIba_special_offer20190807/index.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 美術出版社 >
  3. 【OIL by 美術手帖】東京都美術館にて個展開催中の人気画家・伊庭靖子の新作含む19点をオンライン販売販売スタート(8/7から)