【コロナ禍での帰省・お歳暮に関する調査】帰省ができない代わりに贈る「帰歳暮」に注目 通販での購入が増加

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林 秀典)は、コロナ禍でのお歳暮について、全国のリンベルメルマガ会員約1700名を対象にインターネット調査を行いました。調査結果は以下の通りです。
  • 主な調査結果
◆2021年末の帰省予定について、12.8%の方が「帰省する」と回答。コロナ前の2019年末と2021年末を比較すると、「帰省した」と回答した方が約27%も減少していることから、新型コロナウイルスの影響で帰省を控えた方が多くいることが分かりました。また、2021年末の帰省について「コロナウイルスの状況によって検討する」と回答した方も24.6%おり、コロナウイルスの影響を大きく受けている結果となりました。

◆2021年のお歳暮について、未定の方を含めると78.5%の方が「贈る」ことを検討している結果となり、コロナ前の2019年に比べ、「贈った」と回答した方が約15%増加しました。また、今年帰省せず、両親または祖父母にお歳暮を贈る方は34.3%おり、そのうち半数近くの方が、お歳暮を贈る理由として「コロナで帰省できなかったのでその代わりに」と回答しました。これらの結果より、コロナ禍において帰省が難しいために「帰歳暮」を贈った方が増加したことが分かりました。

◆お歳暮の購入先としては、「百貨店店頭」が根強い人気ですが、コロナ禍で初めて迎えた2020年末については前年より6%以上の減少がみられ、コロナ禍で店舗へ足を運ぶことに抵抗を持つ方が多かったことが分かりました。また、「百貨店ECサイト」「その他ECサイト」の比率が高まり、コロナ前の2019年に比べ2021年は合わせて約22%も増加コロナ禍においてお歳暮を通販で購入する方は増加傾向にあります。


◆お歳暮の贈り先については、半数以上の方が「親戚」と回答し、次いで「両親」が多い結果になりました。お歳暮1つあたりの予算としては、3,000円~5,000円がボリュームゾーンで、贈り先、予算ともにコロナ前後での大きな変化は見られませんでした。

◆お歳暮に関するお悩みについて、約34%の方が「喜んでもらえるか不安」と回答。「毎年同じものになってしまう」とお悩みの方も約25%いらっしゃいました。

リンベルのECサイトでは、10月29日(金)より、2021年のお歳暮ギフトの販売を開始します。定番の商品から贈り先様に好きなものを選んでいただけるカタログギフトまで、幅広くご用意しております。
2021冬 リンベルのお歳暮(https://www.ringbell.co.jp/ringbell/contents/seibo/

 
  • 調査概要
対象 : リンベルメルマガ会員
有効回答数 : 1731名(内訳:女性 916名、男性 815名
29歳以下 51名、30代 270名、40代 450名、50代 420名、60代以上 540名)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年9月14日(火)~9月30日(木)
 
  • 調査結果詳細 ※各設問、2021年については予定を伺っています。

Q1.年末に帰省しましたか?


Q2.お歳暮を贈りましたか?


Q3.Q2で「贈った」とお答えの方にお尋ねします。お歳暮はどこで購入しましたか?(複数回答)

 


Q4.Q2で「贈った」とお答えの方にお尋ねします。今年のお歳暮はどなたに贈りましたか?(複数回答)


Q5.今年帰省せず、両親または祖父母にお歳暮を贈る方におたずねします。お歳暮を贈る理由はなんですか?


Q6.Q2で「贈った」とお答えの人にお尋ねします。お歳暮1つあたりのご予算はどのくらいのものを購入しましたか?


Q7.お歳暮のお悩みについて、当てはまるものを教えてください。

 
  • 会社概要
商号 : リンベル株式会社
代表者 : 東海林 秀典
本社所在地 : 東京都中央区日本橋3丁目13番6号
設立年月日 : 1987年7月3日
資本金 : 608,935,000円(資本準備金含む)
事業内容 : ギフトの企画・販売、卸売業
ECサイト : https://www.ringbell.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンベル株式会社 >
  3. 【コロナ禍での帰省・お歳暮に関する調査】帰省ができない代わりに贈る「帰歳暮」に注目 通販での購入が増加